FC2ブログ

緊急事態宣言が発出され

2度目の緊急事態宣言発出後のきのう、通勤時間帯をさけて仕事で大阪に出た

大阪駅前の横断歩道2101
昼12時過ぎの大阪駅前の横断歩道は人が少なく感じられた

御堂筋や阪急うめだ百貨店のコンコースにしても心なし寂しげに見えた
現在進行中の建物の申請書の提出を終えると寄り道せずに帰った
国民は新たな感染者を出さないため政府のお願いに協力しています

収束した後はボクもてっちり食べに行きた~い 🐡🐡🐡

ヽ(´∀`)ノ


スポンサーサイト



自国で安全なものを安心して供給できること

以前購入した珪藻土バスマットを買った店舗にもって行った

珪藻土マット回収厚労省HP2101
中国で製造された珪藻土バスマットから発がん性の高いアスベストが検出された

珪藻土は調湿性、脱臭性、結露防止などの作用があり住宅の壁や天井に使っている
珪藻土自体にアスベストは含まれないが固形製品をつくる際に別の原材料を混ぜる
その原材料に日本の基準値を超えるアスベストが含まれていた→フジワラ化学の解説
コロナ禍ではマスクなど衛生用品の供給が安いがゆえに他国頼りだったことを知った

安全性と供給について今後の政策の教訓にしなければならない・・・食が気にかかる

(*´_ゝ`)b


伏見で初雪を見る

新潟に住む友人のSNSを見ると家の近くが身長をはるかに超える雪に埋まっている

桃山南公園の夕暮れ2101
伏見でもきのう朝起きると窓の外では雪が舞っている、今シーズン初めて見る雪

吹雪く時間帯もあり積もるかと思ったがうっすら土を覆う程度に終わった
朝もやに霞んで向こうに巨大な山が見える
やがて晴れて朝もやと雲がつくった幻だったのだと気づく

世界を覆う気が滅入るもやが早く晴れて幻であってほしい

(*゚ェ゚*)


コロナ禍のウォーリーはどこ?

街に出ても人の行動様式の変化を感じる

ウォーリーをさがせ2101
ご存じベストセラーのマーティン・ハンドフォード「ウォーリーをさがせ!」

密集を避けてソーシャルディスタンスをとってたら人ごみに隠れられなくなる
いやいや、みんながマスク姿じゃ誰が誰だか見分けがつかない
それより、巣ごもりして誰とも接触しなくなってしまう
この絵本が成立しなくなっちゃう??

こうなれば、コロナ禍ではウォーリーでさえ失業です、ヤバイッ!

∠( ^ o ^ ┐)┐


若い力に期待する

冬の寒さもこの程度かと思っていたのは3日前まで、やっぱり京都の冬は寒かった

宇治川と雲2101
これまで小さな電気ストーブで済んだのがここ2、3日は石油ストーブをつけっぱなし

上越北陸では記録的な大雪、地上がコロナで大変だからといって手を緩めてくれない
正月が開けて現場は動き出したが関西も緊急事態宣言が発出されそうで対応を考える
感染対策をしながら成人式を無事開催できた自治体もあったのをテレビで見た
医療現場が大変な今、立派な看護師になれるよう頑張るとの晴れ着姿もいて頼もしい

重苦しい空気が漂う中、次代を担う若者たちに大いに期待してます!

\(^o^)/


触れることでつながる

今年は丑年だが、京都・北野天満宮には多くの牛の像が奉納されている

錦天満宮の臥牛2101
ここ錦天満宮にも境内に入ると多くの人に撫でられて黒光りする牛が迎えてくれる

天満宮の祭神・菅原道真と牛とは関係深くどの天神さんでも牛が臥せている
からだに痛みがあれば牛の同じところを撫でればよくなるという
「手当て」による触れた感触や温かさ冷たさはさすがにリモートで感じれはしない
非科学的な現象は信じる方ではないが触れることで気を伝えることはできるとは思う

今少し辛抱してみんながハグできる日を迎えたいと思う

(*^_^*)


少しでも旅気分をと思って観てみると

昨日の京都は今年一番の冷え込み、暖かい場所へ移動したいがそうはいかない

黄金とアフリカの女王2101
「黄金」(1948)はメキシコ山岳、「アフリカの女王」(1951)はアフリカ奥地が舞台

外出自粛が求められる中、家で娯楽映画を観てトリップするのもいい
ともにジョン・ヒューストン監督、ボギー主演でアカデミー賞他多くの賞を受賞した
「黄金」は人間の果てしない欲と執着、人間不信、モノへの価値観の違いを描く
「アフリカの女王」は自然の力に抗いながらの人間の勇気と愛を描く

一番大切なものは何なのか、この状況下で新たな発見があるのはさすがは名作映画

(´・Д・)」


カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント