FC2ブログ

ストレス?に漢方を飲む

年末から咳が続き、最近の中国でのウィルス報道も気にかかり病院を受診しました

半夏厚朴湯2001
喉の奥を見てもらうと、気管にモノが入らないようにする蓋の感覚が鈍いらしい

肺炎ならもっとひどいとのことで、心配するほどではありませんでした
とりあえず副作用の少ない漢方薬を処方してもらいました
薬の説明書きを見ると、喉はストレスなどで違和感を感じるらしく結構繊細です
そういえば、年末の長い休暇を終えて、体調が悪くなったような気もする

久しぶりの仕事にストレスを感じて体がいやだと反応してるのかしらん・・・

(*'-'*)


スポンサーサイト



転ばぬ先の・・・

遅ればせながら、インフルエンザワクチンの接種に行ってきました

インフルエンザワクチン接種後の注意点1912
病院によってはワクチンがないとも聞きましたが、近くの病院で予約が取れました

咳風邪と胃腸の不調との病明けでしたが熱もないので、予定通りです
インド旅行の際、義務付けではありませんが予防接種を推奨している機関もあります
何度か打たなければならないものもあり、時間もないので打ってはいきませんでした

来年早々流行する前に回避すべくインフルエンザは打ちました

(^∇^)ノ


根から治す

再三、痛みや腫れに悩まされていた奥歯の根本治療を行いました

サクラ堂歯科1909
伏見のかかりつけの歯科医院で以前一度、別の奥歯に行った再植という治療です

悪い歯を一度抜いて、見えなかった箇所を直接見て治すものです
上から分からない箇所を治療するより治療しやすいとのことです
再びはめる歯が自分のものであるので拒絶反応はありません
しかし、幾つになっても歯を抜かれるのは恐いものです

現在、抜いた歯は再植され糸で縛られ固定されています

(。>_<。)


年取ってからの手習い

5月から7月まで受講した京都外国語大学のスペイン語の生涯学習講座を終えました

京都外大の大階段ホール1908
校舎1階の大階段ホールは普段は学生でいっぱいですが夏休み中とあって静かです

独学ではついつい甘い怠け癖が出ますが、通うとなるとそうはいきません
ロールプレイの授業では、脳が熱くなるくらい頭をフル回転させた感じでした
授業を聴いて分かっているようでもいざ実戦形式だとスムーズに口から出てこない
旅行や観光客の多い京都で少しでも相手とコミュニケーションが取れればと思います

全12回の入門者の授業でしたが、日常からの気分転換にもなりました

(*^_^*)


テニスはしないんですがテニス肘

今年に入ってから腕が痛くて心配でしたが半年経って勇気をもって医者に行きました

テニス肘1907
以前、指の骨折の際にお世話になった先生に診てもらい、テニス肘と診断されました

肘部分やタオルを絞った際に痛みがあり先生の説明と症状がまさにぴったり合います
テニス愛好家に多いそうですが年齢とともに腱が傷んで発症するらしい
昨年末、肘に打ったインフルエンザ注射の痛みと関係あるかとの心配は消えました
腱の炎症を鎮める湿布薬を処方してもらってしばらく様子を見ることにしました

身体も長年使っているといろんなところがメンテが必要になってきます

<(´ロ`')o


家庭の長のサミット

近年、初夏の京都は『青もみじ』を売りに旅行客を集めています

東福寺通天橋青もみじ1906
秋の紅葉で有名なちょっと前の京都・東福寺、この季節の緑が目にまぶしい

今週末の関西は、台風3号の通過、G20大阪サミットでの交通規制など何かと大変です
大阪方面の現場への予定を来週に延ばしましたが台風が去った後でいい天気でした
ニュースを見ると、ファーストレディたちは東福寺を訪れ友好ムードでした

各国の首脳たちとは違った目線でのいい交流があることを願います

o(^▽^)o


オープンで丁寧な説明に気が晴れる

喉の違和感をずっと感じていて行くのは怖かったけどついに耳鼻咽喉科に行きました

麦門冬湯1906
結果は大きな疾病ではなく、のどの乾燥ということで漢方薬を処方されました

検査は鼻の穴にスプレーしてファイバースコープを喉の奥まで挿入されます
技術の進歩で機器がよくなってるんでしょう、細くてあまり痛くはありません
検査の後、鮮明な画像をモニターで説明されるのは分かりやすく安心につながります
心配していましたが気が晴れました

オープンにして丁寧な説明で懸念を払しょくする・・・どの世界でも同じです

(* ´ ▽ ` *)


カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント