FC2ブログ

自然の中の人工物

伏見桃山の明治天皇陵230段の階段の軸線上にシンメトリーに構成されています

シンメトリーな桃山御陵1909
鳥居の向こうにこんもりと陵墓が盛ってあり、その背後に森があります

背後の森は、自然のまま陵墓を取り囲みます
欧州の庭園がきれいに剪定され幾何学的な木の配置を好むのとは違います
自然に対する日本人の美意識です

不規則である自然の中では、シンメトリーの形はより象徴性をもちます

( ̄^ ̄)ゞ


スポンサーサイト



気分が沈みがちな季節の華やかさ

雨の季節の6月は、この花のおかげで気分が幾分明るくなります

藤森神社のアジサイ1906
近所の藤森神社を通りかかると紫陽花が見頃です

赤や青のボリュームある花がわれわれの目を楽しませてくれます

地域によって、季節によって、いろんな表情を見せてくれる日本の自然です

o(^▽^)o


青い晴れの日に思う

休むことなく降り続く雨には脅威と恐怖を感じましたがようやく上がりました

宇治川山科川と青空1807
近くの宇治川の水位が下がり青空が見えると晴れの日を一段とありがたく感じます

病気になって改めて健康であることのありがたさを感じるのに似ています
回復すれば体を気遣うことを忘れてしまいがちです
同じように自然災害が起こらない日常に備えは怠るものです
地球温暖化、山林伐採・・・根本の要因を改めなければ教訓が生きてきません

文明の発展が災害の周期を縮めぬよう (*゚o゚*)


シェムリアップの高床住居

シェムリアップ・トンレサップ湖近くの集落を歩きました

トンレサップ湖近く高床民家1702
高床式の住まいが並んでいます

道路に面する反対側は道路から橋を渡って家に入ります
乾季に当たる現在は柱の上に立って見えますが雨季には風景が変わります
湖の水位が建物の床まで上がり水の上に浮かぶ状態になります
気候風土に合わせた形です

機能的な形が集落の風景をつくっています (*^-^*)q

カンボジア・シェムリアップの旅については → こちらをクリック


列車のドアが開かなくて入れない!

JR草津駅からの支線・草津線は1時間に1~2本ののんびりした列車です

JR草津線車内ドア1603
以前乗ったときより車両が新しくなっていますがドアの開閉ボタンがあるのは変らないです

草津線は本数が少ない分、終着駅や途中駅の待ちの停車時間が長い場合が多いです
内陸の滋賀県は3月に入っても一昨日の1日も雪が積もるくらい結構寒い地域です
寒い風が入ってこないよう長く停車している駅ではその間ドアを閉めています
ドアが閉まってて入れないとあせらないよう・・・乗客が開閉できるので心配要りません

冬にこの線の列車に最初に乗った際の自分自身の体験談からです (⌒_⌒;


地方地方の味があります

梅田・ディアモール大阪にインスタントラーメンのショップを見つけました

インスタント麺店梅田1502
全国から集められたご当地インスタント麺が販売されています

普段スーパーなどでは見かけることのない銘柄がいっぱい並んでいます
インスタント言えどもその地方地方の人の舌に合った味が研究されています
地域の産物を生かしたものも多いです

まさにラーメンは文化、ラーメンを食べると世界が見てくる・・・かも?

日本茶のおいしさの秘訣

お茶の産地で有名な京都府和束町に海外から訪れる人が多いという話題をテレビで見ました

茶急須1412
搾り出しのお茶は最後の一滴に甘みがありその味を愉しんでいます

日本人が日本茶離れする一方日本茶に魅力を感じる海外からの観光客が訪れます
和束のある茶園では仕事を学びたいと海外から来る人をインターン制度で受け入れています
英国女性は本国のティーパックで入れるお茶より急須で入れる日本茶がおいしいと言います
その一手間かけて入れるお茶のおいしさを海外の人が分かっています

自国の伝統と文化のよさを外国人の視点で気づかされることがあります


カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
ホームページ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント