FC2ブログ

ポスターのデザインで平成を振り返る

平成の30年間のポスターを通覧できる展示会があります

ヘイセイ・グラフィックス展1908
京都dddギャラリーで開催中の「ヘイセイ・グラフィックス」展

企業、商品、映画など商業目的のポスターには時代が現れています
大衆の求めるものに、いち早くアーティストが敏感になっているからです
キリン一番搾り、ユナイテッドアローズ、サントリーウィスキー、伊右衛門など
絵画、写真、グラフィック、・・・表現方法はいろいろありますがよく覚えています

デジタルの時代でありながら、人間味溢れる作品には好感がもてます

( ^ω^ )


スポンサーサイト

歴史になるファミリーヒストリー

海外には純文学と大衆文学の区別がなく読み応えある現代文学があります

ウォーターランド1908
1983年ガーディアン小説賞受賞の佳作「ウォーターランド」グレアム・スウィフト

主人公の歴史教師は生徒から歴史を学ぶことに疑問を投げかけられます
歴史より今の問題を考えることが大切なのではと反発されます
ある事件をきっかけに教師は職を追われファミリーヒストリーを語っていきます
先祖が暮らした土地の歴史、恋愛などが語られ、冒頭の謎が解かれていきます

自分もいつの間にか歴史の中の一人になっているかもしれない

(* ´ ▽ ` *)


SF作家の鋭い示唆

星新一さんのショートショートは気軽に読めますが考えさせられるものも多いです

盗賊会社1907
星新一「盗賊会社」の中の一篇『あわれな星』は今の日本を言い当てているようです

地球が宇宙人からミサイル攻撃され、それに対抗して別の宇宙人から兵器を買います
そのおかげで攻撃されなくなるのですが、その兵器を分解してみるとハリボテだった
宇宙人が互いに手を組んで地球にビジネスをしていたというブラックな話です
日本が防衛の名の下、購入している戦闘機や迎撃ミサイル、本当に必要?大丈夫?

ましてや売り手が敵をつくり危機をあおるとなれば、なおさら慎重な判断が必要です

(・へ・;;)


蹴上の疎水ミュージアム

京都・東山、蹴上へ行ったついでに琵琶湖疎水記念館に寄りました

琵琶湖疎水記念館インクライン模型1907
館内に展示されているインクラインのジオラマ模型です

この周辺は南禅寺、水路閣などゆっくりできる場所です
学生時代に比べればずいぶん観光客が増えましたが紅葉の季節ほどではありません

明治初期の京都の壮大な土木事業計画が興味深いです

(ou(工)u)ノ


涼し気な芸術

シャカシャカと音のする方に目を向けると氷を削っている人がいます

氷やさんの氷彫刻1907
近くへ行って見ると氷屋さんの荷下ろし場で氷の塊を削って氷の彫刻を制作中です

話を聞いてみると近く大会があるため昼休みを利用して練習しているとのことです
別にアーティストさんでもないらしいがなかなか精巧でかわいく見ごたえあります
溶けてなくなるはかなさに日本の美に通じるところを感じます

果たして大会の結果は出たのかな・・・

(」*´∇`)」


女性には勝てません

武士の社会で夫を支える女性を描きます

日本婦道記1906
昭和17年6月から昭和21年1月まで発表された短編集「日本婦道記」山本周五郎

江戸時代を舞台としながらも戦時下の女性の心構えとして書かれている感はあります
お国のための自己犠牲やむなしの話は当時の日本人の国民性を表しています
しかし話の根底にあるのは現代は失いかけている日本人の美徳でもあります

正直であり賢く子どもを立派に育て家を守る女性の強さに感服します

(^∇^)ノ


どんな仕事も遊び心をもって・・・

桂川の河川敷で芝刈りの整備が行われていました

桂川芝刈りハート型1906
よく見ると・・・

つい立ち止まって見ていました
どんな仕事も遊び心と愛情をもってすれば楽しくなるはずです

それを受け取る方もついつい頬がほころんでしまいます

(((o(*゚▽゚*)o)))


カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
ホームページ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント