fc2ブログ

移動販売車がやってきた

枚方市・光善寺の門前で午前中おばあちゃんらが集まってきて、今日は来るの?と話している

光善寺前の移動販売車2312
循環バスでも待っているのかなと思っていると、コープの移動販売車が2台やってきた

野菜、果物、パン、お菓子、飲み物、冷凍品、ちょっとしたお惣菜などが棚に並べられている
最寄りの駅から遠くはないがお年寄りが歩ける場所にあり自分で選んで買えるのがいい
買い物に便利なのもあるが、お知り合いと顔を合わせてお互い元気な姿を確認できるのもいい

小さくはあるが、移動販売車がコミュニティの場を形成していている
(^-^)/
スポンサーサイト



地域の子どもがつながる

昨日の京都は最高気温37.9度の猛暑、路地では水鉄砲で水をかけあう子どもたちを見かける

京都市地蔵盆2308
京都の町なかでは本来23日の地蔵盆が日曜日とあってかは早くも行われている

地域のお地蔵さんを祀り地面にゴザを敷いて子どもたちがお菓子をもらって遊ぶ
金魚すくいやトランプ、普段顔を合わせることのないお兄さん、お姉さんと遊ぶ
地域の長老か坊さんが叩く木魚に合わせて大数珠回しも子どもにとっては楽しいアトラクション

マンションが増え隣人の顔さえ知らないことが多い中、子どもを介して地域をつなぐ行事である
o(^▽^)o

地域のコミュニティと盆踊り

昼間37.5度まで上がった京都、夜は近くの南大島児童公園で盆踊りと和太鼓演奏が開催された

南大島児童公園で盆踊り2308
コロナ禍で3年間中止していて4年ぶりの再開に地域の多くの住人、ちびっこが集まった

浴衣姿のおばさんがお手本がてらに輪の先頭で踊り、太鼓体験では子どもたちが楽しんでいる
お金をかけて多くが集まる花火大会もいいけど地域のコミュニティを維持する小さな祭りもいい

雨が降ってきてお開きとなったが、こじんまりした地域の祭りに夏の終わりを感じた
ヽ(・ω・*)ノヽ(^ω^*)ノヽ(*ーωー)ノヽ(*・ω・)ノ

地元で愛される店

仕事先のスタッフおすすめの昔ながらの昭和な店構えの店にかき氷を食べに行ってきた

関目冷菓2308 関目冷菓かき氷2308
創業68年、アイスモナカが人気の大阪の関目冷菓の黒蜜きな粉かき氷白玉入ソフトクリーム入

いろいろ入ったかき氷に店主曰く「おいしい好きなものを入れていくうちにこうなった」
「きな粉がこぼれるの前提で」とお盆に乗って運ばれてくる
きな粉をこぼさないようフワフワ氷を食べ進めると中にソフトクリーム、美味くないわけがない
お客さんは地域の人が多く、町を出た人も帰省した際に懐かしいと寄ってくれるとのこと

こういった地元に愛されている店はいつまでも長く続けてほしい・・・いろいろ大変でしょうが
(* ´ ▽ ` *)

たこ推し

明石海峡大橋を淡路島へ渡った際、お昼のお弁当を買うためサービスエリアに寄った

7イレブンのたこめしおむすび2304
おにぎりの棚に並べてあるコンビニのご当地商品「たこめしおむすび」は初めて見る

売り場には他にも蛸壺風の陶器に入ったたこ飯やたこ飯弁当も売られ蛸を推している
明石と言えば出汁をつけて食べるふんわり柔らかいたこ焼き~明石では玉子焼きという~が有名
今回はたこを炊きこんだたこ飯弁当とサンドイッチ(これは普通のもの)を買った

たこの他にも新玉も売られていてサービスエリアや道の駅でその土地のものを探すのは面白い
o(^▽^)o

子育てを考えるまちづくり

コンビニがどこにもある都市部と違って地方はいざというとき困ることがあるかもしれない

甲賀市役所赤ちゃん用品自販機2210 甲賀市役所赤ちゃん用品自販機おむつ2210
滋賀県甲賀市役所の敷地内に飲み物とともにおむつやおしり拭きの自動販売機を見つけた

甲賀市は子育て支援策として「赤ちゃんの駅登録事業」を実施している
おむつ替えや授乳ができるスペースを確保している施設の登録、公表をしている
この自動販売機も市の事業の取り組みの一つ

これなら赤ちゃんを連れての外出でおむつを忘れたといった時でも対応できる
(* ´ ▽ ` *)

酒どころ伏見のイベント

地元・伏見にも観光客が徐々に戻ってきているのを感じる

伏見酒蔵クラフトビール祭り2210
来週開催されるクラフトビール祭りのチラシが酒蔵の壁に貼ってあった

京都のビール醸造所さんが集まって個性的な地ビールが飲めるみたい
伏見と言えば日本酒のイメージだが竜馬通りに3年前、地ビール屋さんがオープンしている

天気がよければ散歩がてらに寄ってみるかな
(*^_^*)

便利の裏にあるもの

こどものころ盆正月には父の運転で父の故郷の丹後に行って祖父母に会い海水浴もした

丹後高速道路2208
当時高速道路はなく京都市内から山越えの曲がりくねった道を半日近くかけての強行路だった

車酔いはするは山道にトイレはないはで大変だったがいまではいい思い出になっている
現在は京都縦貫自動車道ができてトンネルが彫られ田んぼ上空を高架道路が走っている
おかげで以前の半分くらいの時間で一本道を走って丹後へ行くことができる
高速道路沿いにはいろんな野生の動物が出没する看板が上がっている

人間の利便性のために自然景観は破壊され動物が棲みにくくなっていくのに複雑な思いがする
(´・Д・)」

死者が眠る場所

きのうは京都も雨が降ったりやんだりで気温が下がったせいか夜は眠りやすかった

丹後墓参り2208
京都北部、日本海に面した丹後にある父方の墓地はお寺と離れていて海岸に近い松林にある

地面は浜辺と同じサラサラの砂、ここを抜けるとこどものころよく行った海水浴場に出る
海の近くに海を眺めるように建てられているお墓は沖縄でも見たことがある
寺の境内にあるのと違って波の音を聞きながら亡き人たちが楽しく話をしてるような気もする

土地土地に合った弔い方が死者と土地を深く関係づけている
(○´・Д・`)ノ

お顔が崩れた地蔵さん

関西ではそろそろ地蔵盆が行われる季節だがお地蔵さんは町内では親しみある存在だ

千林商店街朝日地蔵尊2108 千林商店街朝日地蔵尊前の道路2108
大阪・千林商店街をちょっと入ったところに地蔵さん・朝日地蔵が祠に祀られている

その顔は欠けて崩れているが経年変化だけによるのではなく、もちろん呪いでもない
千林は昔は水路が巡り祠前の曲がりくねった道路も昔は水路で船が行き来していた
船頭さんは船を安定させたり方向を変えるため水路沿いの地蔵さんを櫂で突いていた
他に突く硬いものがなかったのかもしれないがなんとも罰当たりとも思う

自ら身を挺して地域の安全を守ってくれていたかと考えると実に尊い思いがする

w( ̄o ̄)w


カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント