FC2ブログ

見えない敵に恐怖する

目に見えない新型コロナウイルスへの恐怖は映画ジョーズを思い出させます

JAWSジョーズ2003
なかなか姿を見せない鮫の存在が恐怖を盛り立てる「JAWS/ジョーズ

避暑地のビーチに鮫に襲われた死体が上がります
市長は海水浴客が去るのを怖れ事実を隠し監視は強化するもビーチは閉鎖しません
そうした経済優先の思惑の中、再び巨大人喰い鮫が現れ更なる犠牲者を生みます
催し物中止と経済損失とのせめぎ合いはどこかで聞いたことがあるような・・・

徐々に自粛を緩める日本国が世界的に見ても楽観的ではと危惧するのは心配しすぎ?

<(; ̄ ・ ̄)


スポンサーサイト



遠い国から日本のことを見る

先進国、文明的、近代国家、民主主義は、狭い世界の中での幻想かもしれない

アフガニスタンの診療所から2003
実際に内側から見られていた真実「アフガニスタンの診療所から」中村哲

東西冷戦、アフガン戦争、ソ連撤退、難民帰還と大国に翻弄されるアフガニスタン
宗教、文化、文明への尊重のない欧米の価値観での国際援助は単なる押しつけです
一時帰国した中村医師は、近代化しその重圧に悩む日本の姿に失望させられます
一方アフガンでは、乞食までもが誇り高く、農業で糧を得、生き生きとしています

外部から見ることで真の豊かさ、人間らしさを感じられた中村哲医師に共感します

((ミ ̄エ ̄ミ))


無駄と思われているものと共存すること

国でも企業でも、すぐに成果が出ない部署が縮小、削減される話はよく聞きます

京大的アホがなぜ必要か2003
自由な校風をもっている京都大学の先生による「京大的アホがなぜ必要か」酒井敏

大学改革によって専門教育重視のため教養部が無駄なものとして減らされています
しかし、酒井さんがアホなことと呼ぶ一見無駄なものがイノベーションを生みます
知識は生態系に見られるように多様性をもち複雑に絡み合い成立しています
専門知識だけでなくいろんな考えの引き出しをもっておくことが大切です

社会においても、マイノリティが否定され生きにくくなってしまわないためにも

(○・_ゝ・○)ノ


伝わっていなければ伝えていないのと同じ

昔からAMラジオが好きで番組の合間に聞こえてくる佐世保訛りが印象的でした

伝えることから始めよう2002
「伝えることから始めよう」ジャパネットたかた創業者 高田明

ラジオ、テレビショッピングで有名な高田前社長には仕事の流儀があります
利益は顧客への価値の対価、売る商品やサービスに自信を持つ、わかりやすく伝える
コミュニケーションで大事なことは、伝えることではなく伝わること
相手の気持ちを考え、いいと思った商品を手にしたお客さんの幸せな姿を想像します

心のこもっていない商品は売れないのです、メモを読みあげるだけの政治家も然り

(*´ω`)┛


ここは踏ん張りどき

新型コロナウイルスの影響は、楽観的な専門家?の想定以上に広がっています

宇治川マラソン大会中止2002
各地でイベントを自粛する動きが出ています

報道番組を見ていると、政府の発表と現場での対応の違い・混乱が気にかかります
クルーズ船内は言わずもがなですが市中でも不正確な情報に不安と不信が増します
台風や大雨の自然災害では想定外という言葉が使われましたが今回もそう言えるのか
ウイルスが収まってからその検証はしっかりしてほしいものです

とまれ、今は目の前の地球規模の災厄に力を合わせねば・・・

(´・_・`)


京都が京都であり続けるために

今日、2月2日は 京都市長選 の投票日です

京都市長選選挙ポスター2002
国政とは違って与野党相乗りの現職と共産・れいわ推薦の新人、元市議の3人の争い

財政再建、オフィスの不足、観光客の増加、少子高齢化など争点は多いです
観光地としてインバウンドによる収入がある一方、京都の風情が失われつつあります
京都の良さや住民生活を理解し守ってくれると思われる候補者に1票を投じます
次代を担う若者には、これからの京都のあるべき姿を描いて投票に行ってほしいです

毎回低くなっていく投票率、前回の35.68%を大きく上回ることを期待します

(・Д・)ノ


経済成長と幸せとのギャップ

グレタさんに代表される若者は、問題を先送りにする大人へ不信感をもっています

格差社会記事2001
特にアメリカでは少数の金持ちと多数の貧乏人の差が広がっています(読売新聞1.21)

ある世論調査で民主党支持者は医療費、気候変動に次いで格差問題を重視しています
高い医療費、気候変動の原因の経済活動、加えて高い教育費は格差とリンクします
資本主義に代わって独裁者のいない緩やかな社会主義を提唱する議員もいます
日本は今は国民皆保険があり失業率もそれほど高くはありませんが将来は不透明です

やがては日本にも起こるであろう問題とも考えられ〝楽観的″ではいられません

( ̄^ ̄)ゞ


カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント