fc2ブログ

国のあり方を学ぶ

ガザで食糧支援の国際NGOがイスラエルから空爆を受けたことに政治的な解決を感じる

緒方貞子回顧録2404
人道支援、人間の安全保障を唱える「聞き書 緒方貞子回顧録」(2015) 野林健、納家政嗣編

アメリカ留学での博士論文では満州事変研究で日本政府の無責任体制に言及した
国連での仕事に携わり国連難民高等弁務官UNHCRを務めその後JICAと、国際支援に尽力された
難民保護では人命を守るためには従来の仕組みやルールも変えればいいという発想で活動された
UNHCRでもJICAでも現場へ赴き実態を知ることを、制度や法よりも人間を大切にしてきた

多様性を養い国際的な視野で自国の戦略をもつことなしに日本の前進はあり得ない
( ̄^ ̄)ゞ
スポンサーサイト



実際目で見て判断すること

昨日京都は朝降っていた雨は午後には上がり最高気温は22.7度、4月並みの暖かさとなった

平野神社の桜2403
京都地方気象台は去年より12日、平年より3日遅く、近畿地方トップで桜が開花したと発表した

気象台の担当者が二条城の敷地内にある標本木のソメイヨシノの開花状況を見て判断する
天気に関して全国の気象台で職員による目視観測は26日東京と大阪を残して終了した
明治時代から約3時間ごとに観測してきた目視観測は機械による自動判別に切り替わる
それにより、快晴、薄雲、ひょう、あられ、虹など機械では難しい現象の観測項目はなくなる

気象の分野でも機械技術の進歩により人だからこそできる職人技がなくなっていく
(*´_ゝ`)

誰のための活動なのか考える

日本の政治家は政治活動に使う名目で報告義務すらないお金を国民の税金から受け取っている

マザーテレサあふれる愛2403
名誉や勲章のためでなく常に弱者に寄り添う「マザー・テレサ あふれる愛」(1984) 沖守弘

マザーはインド政府から医療、社会事業のための国庫助成金を受け取らなかった
助成金の使い道の報告書を作成する人や時間を他の仕事に回した方がいいという考えだった
「不親切で冷淡でありながら奇跡を行うよりは親切と慈しみのうちに間違うほうを選びたい」
そう語るマザーは考えをすぐ実行に移し行動的で貧しい人のために活動をされてきた

物質的豊かさより心の豊かさを第一とした姿に少しでも学べればと考える
(・Д・)ノ

地方自治から政治を見る

日本の政治家は庶民感覚からずれていて官僚任せで政治より選挙が大事と思われがちである

10代からの政治塾2403
前明石市長・泉房穂「10代からの政治塾 子どもも大人も学べる「日本の未来」の作り方」

市長時代に子育てしやすい街づくりを目指し実行したことは国の少子化対策に先んじている
結果10年連続で人口増、特殊出生率は上がり、多くの市民が住みやすいと感じる街になった
泉さんが大切にされているのは現場感覚、いかに市民に近い関係にあるかということ
トップを住民が直接選べる地方自治でもあり市民のほうを向いた政治が市民から支持された

最近の政治に不信感、絶望を感じている若者に政治に興味をもってもらう教本になっている
v(o゚∀゚o)v

満月の夜に思う

3連休中日の昨日の京都は昼から陽が射し前日の真冬の気候からいくぶん寒さは和らいだ

木幡池の満月2402
22日、米宇宙企業が打ち上げた無人月着陸船が民間企業として世界初の月面着陸に成功した

月面着陸は、旧ソビエト、アメリカ、中国、インド、日本の5か国が成功している
宇宙の商業利用の拡大につながるともみられていて月の所有権が争われないか不安になる
南極では7日、中国が5か所目となる南極観測基地を開設、米国3か所、日本4か所を上回った

未踏の地の世界ルールがつくられ守られるのか、昨夜の満月スノームーンを見上げながら考える
(*´~`*)

建国記念の日に思う

昨日、2月11日は建国記念の日、京都は雨がぱらつき冷え込んだ

建国記念の日御陵さん2402
いつもの散歩道の御陵さんに掲げられた日の丸の旗を見ると祝日だったことを思い出す

建国記念の日のもとになる紀元節は「日本書紀」で初代天皇・神武天皇即位の日とされている
神話の話であり、他国のように独立や自由を勝ち取った日がはっきりしているわけでもない
国ができた日を定めるという行為自体が重要であり、人類が持つ所有したい欲を感じる
国の存在は集団の団結を高める一方、別の団結をもつ他の国の脅威を恐れ争う悲劇を招く

国という概念、存在がなければ人は争わずにいられるのか・・・考える
(´・_・`)

まちの未来を託す人を選ぶ

2月4日は京都市長選挙、4期目の門川大作市長の引退で新人5人が争う

京都市役所前市長選挙看板2401
財政難、オーバーツーリズム、人口流出、建築規制と景観保全、教育、福祉など問題を抱える

市役所は多額の費用をかけて改修されきれいになったが積み残された課題は多い
今回の自民党の裏金問題で政治家の言葉や行動は、以前にも増して信ぴょう性を失った
市長選の出馬表明直前にひと悶着あった候補者もいて、なかなか実際の人物まではわからない

聞こえがいいだけかもしれないが政策、公約を見極めまちの未来を託すため候補者を選ぶ
( ̄^ ̄)ゞ

2023年、地球の危機がさらに増した

5月に国内で新型コロナウイルスが5類に引き下げられ世の中が明るい方向へ向かうと思えた

インド・バーダーミ2312
ウクライナ戦争は出口が見えず10月ハマスから攻撃を受けたイスラエルはガザへ報復を始めた

国家体制や宗教、民族の違いから世界は対立し、何も生みださない威嚇と破壊が続いている
気温上昇はパリ協定の1.5度に迫り日本を含む各地でこれまでにない規模の自然災害が発生した
国内ではジャニーズ、宝塚、日大、保険大手、ダイハツと大組織の裏の顔、不祥事が暴かれた
信頼を失った大政党自民党の議員に民主主義の国家を任せられるのか国民は不安を覚える

地球が長く生き続けるよう世界各国各人がお互いを寛容と平等の精神で認め協力することを願う
(・Д・)ノ

隣国の民主化の事件

海外旅行先の上位、韓国は今とは違い1987年に民主化されるまでは軍が政権を握っていた

少年が来る2312
1980年5月の光州事件に巻き込まれた少年の事実をもとに描く「少年が来る」ハン・ガン

軍事政権に対する民主化運動は戒厳軍に武力鎮圧され多くの活動家、市民が犠牲となった
銃や暴力によって殺され、拷問によって事件後心に癒えない傷を負う、残忍な描写に胸が痛い
体制に反抗する市民に銃を向ける様子にミャンマーや香港の民主化運動が思い浮かぶ
罪のない市民が巻き込まれる状況ではウクライナやガザでの紛争は変わらない

無辜な少年らの犠牲が今日の韓国社会をつくっているという歴史の一片を知る
( ̄^ ̄)ゞ

ドキュメンタリー映像で中東の実情を知る

ヨルダン川西岸地区で1日2人のパレスチナ人の子どもがイスラエル軍に逮捕されているという

トゥー・キッズ・ア・デイ2312
教育関連の優れた映像作品へ贈る日本賞グランプリに「トゥー・キッズ・ア・デイ」が選ばれた

拘留されたパレスチナ少年、イスラエル軍の元兵士や元検察部門責任者のインタビューから成る
政治的意味を深く考えず投石する少年、少年への暴力に否定的な一部の元イスラエル軍兵士など
監督はイスラエル人、プロデューサーはパレスチナ人、双方が現状を伝える必要性を感じている
制作は10月のイスラエル攻撃以前で、現在はエスカレートして最悪の状況になってしまった

恐怖の状況での子どもたちが幸せに生きるには個人としてが何ができるのか考える
(´・_・`)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント