fc2ブログ

自分の部屋をもつうれしさ

枚方市N邸の子ども室の増改築工事 が完成し引き渡しが終わった

永田耕平・有香理邸子ども室2403
6帖の畳室に約3.3帖の増築を行い子ども室を3つ作った

上の二人の約2.5帖の子ども室にはデスクとベッドを造り付けた
縦方向に有効に使い、決して大きくない空間が基地っぽくもあり妙に落ち着く
一番下のお子さんはまだ小さいので床に寝転がっても気持ちがいいふかふかカーペットを敷いた

待望の自分の部屋を持てたことを喜ぶ娘さんと話しているとこちらもうれしくなる
ヽ(≧∀≦)ノ
スポンサーサイト



玄関周りをすっきりさせる

昨日京都は昼過ぎから天気が崩れ冷たい雨が降った

谷本奈津子邸玄関周りポスト柱2403
枚方市T邸リフォーム工事 はお天気の都合もあって最後に残っていた外構工事が終わった

道路側にあったブロック塀と門扉を撤去、スリムタイプのポスト・ドアホン・表札柱を設置した
オープン外構となり圧迫感はなくなりすっきりした外観になった
建物とブロック塀との間のデッドスペースは自転車置き場に生まれ変わった

工事がすべて完了し、Tさんに工務店から設備機器等の説明の後、引き渡しが行われた
(* ´ ▽ ` *)

施主検査を行う

昨日京都は時折青空が見えたが空高くにある雲からぽつぽつ冷たい雨が降った

谷本奈津子邸施主検査2402
枚方市T邸リフォーム工事が終わり施主検査にTさんと今は離れて暮らす息子さんが来られた

一人暮らしのTさんが快適に暮らせるためのリフォームだが思い通りになったと喜ばれていた
息子さんは自分が小学校時代から住んでいた家の変わりように驚かれていた
大きな是正項目はなく残っている外周りの工事を明日には終えて今月末にはお引き渡しの予定

仮住まい先から戻ってくるのを楽しみにされている様子を見てうれしく思う
v(o゚∀゚o)v

新旧の外壁が現れる

昨日関西で冷たい雨が降り続く中、大阪マラソンでは国学院大の平林選手が好タイムで優勝した

永田耕平・有香理邸増築部外壁杉板張りと屋根葺き2402
枚方市N邸増築工事では増築部の屋根が葺かれ外壁の杉板部分が張り終えている

屋根は既存屋根を触らなくていいように一段低くして新たに設けている
外壁は見切り材を介して同じ仕様の杉板を張り、新旧の対比が現れた
既存部分の板は、雨風や日の光にさらされ色の変わり様に時の経過が感じられるのがいい

新たに設けられた部分もいまは真新しいが徐々に馴染んでいき、これから味を出していく
ヽ(´∀`)ノ

屋根のてっぺんから空気を逃がす

昨日京都は最高気温19.8度と3月並みの暖かさ、伏見区で震度4の地震が来て何かがおかしい

永田耕平・有香理邸屋根棟換気工事2402
枚方市N邸は屋根の棟の加工をして換気棟を設置している

軒裏から取り入れて小屋裏で暖まって上昇した空気を屋根のてっぺんの棟の換気口から排気する
小屋裏換気はいろいろ方法はあるが空気の性質に合わせて素直に流す
地球温暖化による真夏の気温上昇に小屋裏の換気は欠かせない

それにしても、地球環境破壊によって恐ろしい自然現象の変化が起きているように感じられ怖い
(゚△゚;ノ)ノ

既存窓を利用することから間取りを考える

昨日の京都はお昼までは暖かないい天気だったが昼過ぎ冷たい雨に降られてしまった

谷本奈津子邸システムバス設置2402
枚方市T邸リフォームで在来のタイル張りの浴室をシステムバスに同じ位置で入れ替えた

既存の浴室は狭くて寒かったため内壁を撤去して面積を拡げ洗面室等水回りの位置を変えた
隣家との隙間が小さく外壁と窓は基本触らないことから窓は既存窓を利用した
断熱性能を高めるため内側に新たにサッシを設置し二重にしている

既存窓の撤去や取り換えをしないことからその窓を有効に利用できる間取りを考えた
ヾ(・∀・)ノ

小屋裏に空気の流れをつくる

枚方市N邸増築工事は柱梁が立ち上がり屋根が葺かれ形が出来上がってきた

永田耕平・有香理邸面戸換気口2402
梁と屋根下地板との間の隙間に設けられた面戸板には防虫網を張った穴を設けている

この穴から外部の空気を取り込み小屋裏を通って棟に設けた換気口から放出する
小屋裏は熱や湿気がこもりやすく温度上昇や結露を防ぐために常に空気を流す必要がある

室内環境を良好に保ち建物自体の傷みを減らすことにつながる
(^-^)/

床、天井を壊さずに耐震補強をする

枚方市T邸リフォームでは主に1階部分をリフォームし、2階は基本手を加えない

谷本奈津子邸2階耐震壁2402
ただし建物全体の耐震補強を行うため、2階は既存の壁の一部を撤去して耐震補強を行う

耐震補強に使ったのは、ダイケンの耐震改修パネル「かべ大将」、クロスを張って仕上げる
床、天井を壊さずに耐震補強ができる製品なので工事日数もコストも抑えられる

家全体のリフォームはしない場合でも地震に対する最低限の備えはしておきたい
(・Д・)ノ

増築する部分の壁を解体中

昨日東京23区に大雪警報が出て、京都は雪は降らなかったものの一日冷たい雨が降った

永田耕平・有香理邸既存壁解体2402
枚方市N邸増築工事は既存建物の壁を解体して増築して部屋を拡げる

構造耐力上必要な筋交いも撤去し新たに構造計算をやり直し別の個所に耐力壁を作る

既存部分と増築部分との取り合いの雨仕舞のおさまりにも気を付ける
(^-^)/

使いやすい階段にかけ替える

昨日京都は一日曇り空で暖かかった前日から気温が下がって冷え込んだ

谷本奈津子邸階段2402
枚方市T邸リフォーム工事では構造柱を残しながら階段を新たにかけ替えた

リフォーム前の階段は蹴上が大きく踏面が小さい急勾配の直階段で少し危ない
今回、段数を一段増やして蹴上を小さく踏面を大きく高齢者にもやさしい緩やかな階段にした
また位置は玄関を入ってすぐの廊下にあったのをリビングから上がれるように変更した
リビングが少しでも広く感じられるよう壁を設けず部屋の一部に取り込んでいる

玄関からの動線や視線、外気温の影響、部屋とのつながりなど使い勝手がいい階段になる
o(^▽^)o
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント