fc2ブログ

テラスの防水改修工事を終える

T邸の改修工事が終わった

tokutomiベランダ防水2206
腐っていた梁と柱の下部を取り換え新たに防水を施し板金で笠木を設けた

柱の腐っていた下部は切って新しい柱を接木し板金で巻いた
大きく損傷を受けていたのが梁だけで大々的に取り換えることなく済んだ

定期的なメンテナンスは大きな痛手となる前に必要なことがわかります
(^-^)/
スポンサーサイト



リフォーム工事前の工務店の現地調査

M邸のリフォーム工事の見積もりのため現状の調査に工務店の監督、解体屋、ガス屋と訪れた

matsumoto現地調査2205
実際どこまで解体するか図面ではわかりにくい部分を現場で確認する

外壁に付くサッシ、手すり、庇、樋や外構のブロックやカーポートなど解体個所を指示する
ガス屋さんには移設予定のガス給湯器、蓄電器が使用可能かなどを見てもらう
内部は監督さんと床下収納から床下を覗いて基礎や土間、湿気などの状況を見る
前面道路とは高低差があるため建物周りとの高さを測量する

調査内容を踏まえてまずは概算見積もりを出してもらう
(○・_ゝ・○)ノ

住宅設備を見にショールームへ行った

日曜日にお施主さん夫妻と大阪・京橋まで水回りの設備を見にショールームへ行った

matsumotoパナショールーム2205
キッチン、バス、洗面化粧台をスタッフに説明してもらいながら見て回る

予約をしていったが休日の午前中とあってかショールーム内はお客さんで混んでいた
機器の説明を聞いて回ると予約していた1時間半はあっという間に過ぎた

実際に見て触ってみないと使い勝手はわからないものです
(*^_^*)

屋外の床板が腐っている

T邸の改修に当たって施主さんから小さなテラスの床板が腐っているようだと相談された

tokutomiテラス腐朽2205
サッシと格子の隙間に張った床板がフカフカすると聞いて(上)床板を撤去した(下)

床板は下からのぞくと腐って見えたが床板を取ってみると支えの木材まで腐っている
簡易な修復で使える状態ではなく急きょ工務店に取り替えの材料を手配をお願いした
木材は在庫不足、もしくは価格が高騰している折ではあったが運よくすぐ見つかった

やり替えに当たっては横架材の木材は露出せず防水をして雨に当たる部分をなくす
(・Д・)ノ

雨の日が工事日和

外部の工事を行う際は雨が降らないか気になり天気予報を確かめることはよくある

tokutomi足場2205
14年前に設計したT邸の屋根の塗装と格子部分の塗装をやり替えるため足場が組まれた

天気予報では傘マーク続きで外部塗装については好ましくない
ただ雨の日に適しているのが塗装前の高圧洗浄の作業です
塗装前に屋根や外壁、木部に付着した汚れやほこり、カビなどを高圧水をかけて落とします
雨が洗浄した汚れを排水溝まで流してくれ洗濯物を干す家庭は少ないので迷惑がかからない

今日の雨の日に高圧洗浄を済ませて、来週晴れれば乾燥させて塗装工事に入ります
(^-^)/

たたき台をもとに話し合う

住宅の設計はオンラインより対面で話すほうがお施主さんの要望が見えてきます

Matsuプレゼン2204
リフォーム工事のたたき台となる案を図面と模型を使って提示します

平面図や断面図、立面図だけではわかりづらい箇所は模型やスケッチで補足説明します
もとになる案があると部屋の広さや周りとの関係性が現実的になりわかりやすいです
最初ヒアリングで聞き漏らしていた点が見えてきて考えを共有できて改善しやすい

いくつかの点を修正して次回の打ち合わせまでに仕上げます
(* ´ ▽ ` *)

延びていた改修工事が始まる

新型コロナウイルスに続き原油高騰、ウクライナ情勢で住宅業界は影響を受けている

Tokutomi見積打ち合わせ2204
14年前設計した住宅のTさんに昨年秋から改修工事の相談を受け設計を進めた

当時工事を請け負った工務店の仕事の空きを待っていたがようやく段取りができた
先日Tさん宅を工務店と訪れ工事見積書を提示、仕上げ材の説明など打合せをした
相変わらず設備機器類が不足、木材、コンクリートなどすべての値段が上がっている
工事を待つうちに原油、ウクライナ問題が起こりガソリン価格上昇も輸送費に影響する

契約が済み、5月連休明けから工事が始まる予定
(^∇^)ノ

リフォーム前の地味な作業

リフォームでは既存建物の図面がないことが多いのでたいていまず実測を行い図面化する

Matsu現況図作成2203
必ず測れ忘れがあるため写真を多めに撮り、必要であれば登記簿なども調べる

設計の前段階の実測は地味な作業ではあるが後々を考えると重要な作業の一つといえる
リフォーム前の図面の寸法が間違っていれば設計が仕上がっても手戻りになる
ただし測量できない部分もあるのでその辺はあまり固執しない
不明な部分は想定しておき解体したときに確認して修正するように考える

実測と解体後の調査とバランスよく手間と時間をかける
(*’U`*)

他人の意見を聞く

コロナが収まってきて他人と会うことも徐々にではあるがコロナ前に戻しつつある

inouehouse3道路側ファサード2111
先日、完成した守口の家Ⅲに大学時代の友人の建築家K田君に寄ってもらった

現場近くの学校で教えててオンライン授業が対面授業に戻ったと知ったので誘った
授業終りで忙しい中あわただしい案内になったが室内外を見てもらい感想をもらった
独り善がりになりがちな設計も他人の目からの意見を聞けば気づきもあり役立つ
また自分の意図していた考えが伝わっているのか確認できる

1年9カ月ぶりの再会で見学後、仕事以外に近況や世間話に時間が経つのは早い

(* ´ ▽ ` *)


市役所の完了検査を受ける

前日の深夜から降った雨がきのう朝まで降り続いた

inouehouse3守口市完了検査2111
守口市の家Ⅲは小雨降る中守口市まちづくり課の完了検査を受けた

まちづくり課の他、道路課と下水道課の担当者が来られ図面と現場の状況を照合した

事前に見に来られていたようで検査は問題なく早く済んだ

(((o(*゚▽゚*)o)))


カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント