FC2ブログ

敵に攻めさせて自らを守る

京都木津川に架かっている風情のある木製の橋の構造が面白い

流れ橋2006 流れ橋詳細2006
茶園向こうに見える昭和28年に架設された通称「流れ橋」です

大雨が降って水位が上がると、パーツになった橋桁と橋板が橋脚から外れて浮きます
橋桁と橋板は橋脚とワイヤーロープでつながれていて流されることはありません
水が引くと橋桁と橋板を引き上げて再び固定し元の状態に戻ります
水の流れに逆らわず流されて橋を守っています

敵(水)に攻めさせて自らを守る、柔軟な考えの土木デザインです

o(^▽^)o


スポンサーサイト



人類だけのファッション

きのう京都市は今年の最高気温31.0度を記録、人が少ない屋外ではマスクを外します

東寺と鴨2006
静かな初夏の東寺を歩くと新型コロナが終息したようにも感じてしまう

ただ街を行くと誰もがマスク姿、これが衣服と同じスタンダードになってしまうのか
地球上で口と鼻を覆っている生き物は人類しかないと思うと不自然な気がします
自然の摂理から離れているようです

いやいや、人間はいろんなものに囲まれてもはや自然の一部ではないんですから

(○´・Д・`)ノ


全世界の人が見るからこそ

先日発表された東京五輪の公式服のコンセプトは「ニッポンを纏(まと)う」とのこと

五輪公式服発表2001
紳士服やさんがプロデュースしたせいか、やや保守的なデザイン?(読売新聞1.23)

職業柄、見た目のデザインはもちろん、素材や着心地、コンセプトに注目します
日本伝統の細かな柄や、通気性と肌触りにこだわった素材が使われているようです
個人の体に合わせたオーダーメイドで、瀬戸大也選手によると着心地はいいとのこと
エコなリサイクル素材などでかっこよく作ってもクールだったかな・・・とは私見です

奇を衒わないデザインであっても、世界へ向けたメッセージがあればいいと思います

(^∇^)ノ


干支のパッケージ~子

とらやの今年の干支「子」にちなんだ小形羊羹です

虎屋干支の羊羹2001
味にあわせてかわいいデザインです

新しい春が来た気分が楽しめます

~(( C・>


再会の思い出を本にする

今回、幹事を担当した小学校の同窓会の仕事がお礼状送付でようやく終わりました

桃小同窓会フォトブック1910
当日撮った写真はA5スクエアサイズの写真本にまとめて同封しました/表紙は桃山城

プリントする、PC上にアップするという手段をとらず、あえて紙媒体を選びました
手元に置いていつでも見れて、アナログなところが気に入っています
初めての試みに写真の選択、本の構成など、思いのほか時間を取られて疲れた~
最後のページには、小学校のアルバムから集合写真を載せました

会の思い出に、出席者の皆さんが喜んでくれるといいのだが・・・

(o‘∀‘o)*:◦♪


保護するものが逆に・・・

カメラが2度目の修理から戻ってきました

カメラケース1910
損傷個所は前回と同じ、レンズカバーが凹んで動作に不具合が出ました

特に外圧を加えていないので、なぜ同じ個所が傷むのか分かりませんでした
よくよく調べていると、どうやらカメラケースのメーカーのロゴが原因みたい
プラスチック製で内側がとがっていて、ちょうど凹んでいる箇所に合致します
純正ではないにしろ、本来カメラを保護するものが逆に傷つけていたようです

小さなことであっても、デザインはいろんなところに気を配ることが大切です

(◎`ε´◎ )


電池の大きさを変えるグッズ

ガスコンロの単1電池が切れて、買い置きの電池を探してみたが単2電池ばかり

電池チェンジャー1910
そこで、電池ではなく電池チェンジャーなるものをダイソーで見つけて買いました

単3電池を単1、単2電池に変えるものですが、単2から単1にも変えられます
さや状の構造になっている柔らかいゴムのようなケースに単2電池を入れるだけです
多少ガタつきはあるものの使う分には支障はありません

災害・非常時のために1つ買っておくのもいいかも

ヾ(・∀・)ノ


町なかの壁画ギャラリー

本町ビルディング(東洋紡本町ビル)は、高層ビルに建て替えられています

大阪商工信用金庫本店ビル外観1910 大阪商工信用金庫本店ビルモザイク壁画広場1910
大阪商工信用金庫本店ビル/安藤忠雄氏の設計で高層の隣に低層棟が建っています

低層棟2階は誰もが入れる水が張った小さな広場で、モザイク壁画が展示されています
本町ビルディングの屋上にあった建築家・今井兼次(1895-1987)デザインの壁画です
1961年ビル建設当時は屋上を地域の憩いの場として開放する目的で製作されました
長らく近くに行けませんでしたが、ようやく間近で見れます

保存・再生の一つの在り方です

(・Д・)ノ


仮設物がついた塔の表情

普段見慣れている風景が、なんだかかっこいい

団地給水塔の足場1909
団地の給水塔を塗装改修するために周りに仮設の足場が設けられています

いつもは白い角柱がぬっと立つ機能的なだけの構造物です
足場が、お寺で見かける三重塔、五重塔の庇やもこしのようで多重塔にも見えます
メンテナンスのためにもあってもいいようにも思えます

真新しいデザインの建築物に見えます

(*σ´Д`*)


パッケージデザインがかわいい!

横浜土産にいただいたお菓子のパッケージがかわいいです

ありあけ横濱ハーバーダブルマロン1908
ありあけ横濱ハーバー・ダブルマロン/月餅に似た皮の中身は栗と栗餡です

船好きの柳原良平さん(1931-2015)の絵に懐かしさを感じます
トリスウイスキーのアンクルトリスの生みの親として有名なイラストレーターです
イラストの船は、2009年3月、横浜港に初入港した客船クイーン・メリー2とのこと

キャラクターデザインは、商品を知ってもらううえで大事な顔となっています

(^-^)/


カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント