FC2ブログ

炉ばたリビング

「温かい料理をすぐ出しながら食事のできるリビングを」が奥さんの要望でした

T-リビング01
T邸/床から一段上がった掘りコタツ式の畳スペース、向こうに台所があります

炉端[ろばた]のようにテーブルを囲んでお酒をいただき、つくった温かい料理を台所からすぐ出せるような動線を考えています
床から一段上がった畳スペースは、お客さんが増えても対応できます
ごろんと横になって、くつろぐことも出来ます
床暖房が設けられているので足元、腰からぽっかぽかです

Tさん宅(クリックで見れます)


応援のポチッよろしく!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

聖堂のような百貨店

大阪心斎橋の大丸百貨店はクリスマスに向けて光で着飾っています

大丸光装飾001
夜の大丸心斎橋店のタワーが鐘楼のように見えます

ゴシック風の重厚な建物は、光のイルミネーションによって、さながらクリスマスの聖堂のようです

この建物は、1922年、ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計により建てられました
彼はクリスチャンとして生涯社会に貢献しました
そうした精神が、商業建築であっても優しく人を受け入れるような形を生んだのでしょう

参考までに→ 偉大なるアマチュア建築家


応援のポチッよろしく!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

大阪コリアタウン

大阪JR鶴橋駅から約10分歩けば、御幸通商店街、通称大阪コリアタウンに到着します

御幸通商店街01
大阪コリアタウン/韓国の食材や民族衣装のお店が並んでいます

韓国の伝統的民家のインテリアを再現していている文化交流の工房では、ハングル講座、キムチ漬け、民族衣装の着付けが体験できます
ハングルでミンパク(民泊)と書かれたゲストハウスの施設もあります
韓国料理店やキムチ、チヂミ、トッポッギ、韓国餅の出店を巡るのはお祭りの縁日気分です

ハングルの看板と会話が飛び交う中、半日もあれば韓国の民俗・文化・食を満喫できます


ランキング参加中 応援のポチッよろしく!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

ご主人の隠れ家

男は家庭の中で、一人になれる場所がほしいものです

N-書斎01  N-書斎02
N邸/ロフトへのはしごを上がると、4帖の秘密基地のような隠れ家があります

子どものとき遊んだ基地のような隠れ家を持ちたいものなんです
それは、趣味の読書やパソコン、昼寝に使える、ほんの小さな空間で十分です


応援のポチッよろしく!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

マンションリフォームでの水廻り

鶴見のマンションリフォームの解体工事が進んでいます

H解体01
床・壁・天井の仕上げ材が取り払われ、コンクリートの躯体だけになりました

マンションのリフォームで気をつけなければならない一つは、水廻り空間です
パイプスペースは、上から下まで全階で使用する共用部分なので触ることはできません

H解体02
縦に通るパイプに床下の排水管をつないでいます

横引きの排水管には、水が流れるだけの勾配をつけなければなりません
原則的に水廻りはあまり移動できませんが、移動する場合は排水の勾配を床下や壁内で確保するなどの注意が必要です


応援のポチッよろしく!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

洗濯機を隠す収納

洗面脱衣室でお客さんが、手洗いを使用するときのことを考えて洗濯機を隠しました

洗濯機置き場001
洗濯機を囲う扉を設けました

扉を3つつけました
洗濯機を設置する際は下の2つの扉を開けます

洗濯機置き場002  洗濯機置き場003
3つの扉がそれぞれ別々に開きます  洗い物を入れるときは真ん中の扉を利用

上の扉を開けると棚があり、洗剤やタオルなどの置き場として利用できます
洗濯機が上部のふたを開けるタイプの場合、真ん中の扉だけを開けて洗い物を入れます
横から使うドラム式のタイプの場合は、下の扉を開けて使えばいいです


応援 ポチッとよろしく!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

梅田茶屋町の地霊

大阪梅田茶屋町[ちゃやまち]は、大阪駅周辺とともに高層建築の建設ラッシュです

茶屋町001
茶屋町/明治時代、鶴の茶屋などの料亭が立ち並んでいました

この地には、明治時代、茶店、温泉、ボート遊びの出来る池などがある有楽園[ゆうらくえん]という公園があり、その中心に展望台、凌雲閣[りょううんかく]が建っていました

凌雲閣01
凌雲閣/周りからひときわ高くそびえています(跡地に立つ解説パネルより)

跡地に立つ説明文によると「木造九階建て、高さ一三〇尺(約39m)、一・二階は五角形、三階から八階は八角形、らせん状に通路が巡り、九階部分には丸屋根の展望台と時計台(時辰台)」だったらしい
木造高層のエキゾチックな異形の建築です

こんな土地のもつ気(地霊)が高層建築を呼んでくるのかもしれません


応援 ポチッとよろしく!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

建築主さん参加の家づくり

牧野本町の家の照明器具を取り付けています

S邸照明器具付01
電気工事全般に建築主さんのお父さんの協力がありました

今回、建築主さんのお父さんが電気工事の専門職ということで、仕事をお願いしました
また、部屋の壁の一部ケーソー土は建築主さん自らの手で塗ってもらいました
こうしたことは、建築工事費のコストダウンにつながります

自分の住まいをつくる行為に参加することで、愛着のわく建物となることはもちろんのことです


応援 ポチッとよろしく!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

石油ストーブの火

事務所の暖房には、石油ストーブを使っています

アラジン01
昔ながらのデザインのストーブの火が、部屋の中をだんだんと暖めてくれます

灯油を入れるのが少し面倒ですが、青い炎を見ていると心が落ち着きほっとした気になります
輻射熱(ふくしゃねつ)の効果で、やさしい暖かさが部屋の中を徐々に包んでくれます
ストーブの芯に火を入れるには、ライターじゃあなくってやっぱりマッチなんですよね


応援 ポチッとよろしく!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

マンションでリフォームできる範囲

鶴見のマンションのリフォームが始まりました

マンション現地調査01
現地調査では、パイプスペースの位置や床、壁、天井の構造もチェックします

マンションには、自分の持分の専有部分と、所有者全員の持分の共用部分があります
リフォームできるのは専有部分のみです
バルコニー、サッシ、玄関扉、パイプスペースも共用部分なので、リフォームは出来ません

間仕切り壁は構造体でなく解体できるのか、床下や天井裏に配管はあるのか、事前に調査することが間取りを決めるうえで大切になってきます


応援 ポチッとよろしく!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント