FC2ブログ

西洋建築への憧れ

泉布観[せんぷかん]は、明治4(1871)年に建てられた、日本最古の洋風建築の一つです

泉布観01
左の建物が泉布観/3月20~22日の一般公開に、多くの人が集まっています

設計は、東京の銀座煉瓦街を設計した英国人技師、ウォートルスによるものです
建物周りに、石の柱が支えるベランダをめぐらした、コロニアルスタイルの建築です
建物は煉瓦造りで、各室には、装飾豊かな照明器具が据えられ、暖炉が設けてあります

部屋の床をよく見てみると
泉布観02
暖炉まわりにはタイルが使われていますが、床は板にペンキでタイル模様が描かれています

1階ホール以外の床は、このようにペンキ絵です
タイルが高価だったためですが、西洋への憧れは捨てきれなかったようです


応援のクリック お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

スポンサーサイト



カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント