FC2ブログ

保存されるべきは結の精神

岐阜・白川郷を訪れました

白川郷01
山間に合掌づくり、茅葺き屋根の民家が残ります

平成7(1995)年、世界文化遺産に登録されてから、静かだった村に観光客が急増しました
住人の生活はせわしくなり、一部の民家は民宿やみやげ物店などに変化しています

白川郷02
屋根の葺き替え作業が、業者によって行われていました

かつて、屋根の葺き替えは、村人の助け合い「結[ゆい]」により行われていました
ユネスコが評価したのは、建物や景観だけでなく、その助け合いの心も理由のひとつでした
こうした互助精神によって、茅葺きの民家の維持は成り立っていました
今では、業者に頼むことが多く、村人総出で葺き替えることも、あまりないようです
住人の数が減り維持できなく、やむなく茅葺きをあきらめざるをえない村もあるようです

なくなりつつある結の精神は、われわれ日本人が忘れてはならないものだと感じます

ホームページに 岐阜旅行の日記 をアップしています


応援のクリック お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

スポンサーサイト



カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント