fc2ブログ

夏を知らせる声

梅雨が開けた2週間ほど前から、家の前の公園でセミの大合唱が始まりました

セミの抜け殻01
集団抜け殻

温暖化の影響でセミの数が減ったやら、鳴き始めがずれたなどと言われてますが、
この辺りでは、今年も夏が来たのを元気に知らせてくれています
地中で5、6年暮らした後、成虫になってわずか1、2週間で、命を全うします

その地上での鳴き声は、しばらくは夏の朝の目覚ましになりそうです


応援のクリック お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

スポンサーサイト



テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

舞子の六角堂

神戸市舞子に、八角形三層の楼閣・移情閣があります

孫文記念館01
移情閣/外観が六角に見えるところから「舞子の六角堂」として親しまれてきました

移情閣は、中国人実業家、呉錦堂(1855~1926)の別荘に増築された建物です
中国の革命家・孫文(号は中山、1866~1925)が来神した際の歓迎会も開かれました
昭和57(1982)年、日中国交正常化十周年を記念して兵庫県が寄贈を受け、孫中山記念館として一般公開されました
その後、明石海峡大橋の建設にともない、解体・移転・復元されました

現在は、故郷を想う「移情閣」という名にふさわしい、海を望むこの地に建っています


応援のクリック お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

街なかの温度を下げる装置

大阪市北区役所の軒先から煙が上がっています

区役所ミスト01
軒先から霧のような煙が見えます

実は、大阪市のヒートアイランド現象緩和の措置のドライミスト装置です 
触れても濡れない程度の霧状の水がノズルから噴き出して、周囲の温度を下げています
公共の場所の装置設置については、大阪市は助成も行っています

ミストの吹き出しが、もう少し近ければもっと涼しさを感じられるんですが…


応援のクリック お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

テーマ : エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

世界一を支える日本の技術

これは何でしょう?

明石大橋ケーブル01
六角形の束が合わさって円形になっています

平成10(1998)年開通の明石海峡大橋の命、吊り橋のケーブルの実物大断面模型です
ケーブルの直径は 1,122mm、直径5.23mmのピアノ線を約37,000本束ねられています
素線の総延長は、30万km(地球を7周半分に相当)にもなります
ケーブルが支える橋は、全長3,911m、中央支間(塔と塔の距離)は、世界一の1,991mです

世界一を生み出したのは、誇るべき日本の技術力です


応援のクリック お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

テーマ : デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

軒先にぶら下がる猿(申)

奈良町では、家の軒先にかわいい赤い人形がぶら下がっているのをよく見かけます

庚申さん01  庚申さん02
ぶら下がっているのは、災いを受けてくれる「身代わり申」です

文武天皇の時代(700年)に流行した疫病を元興寺の僧がおさめた日が、庚申の年の庚申の月でした
以来、悪病をもってくるといわれる「三尸(さんし)の虫」の苦手な庚申(こうしん)さんのお使いの申を、魔除けに軒先にぶら下げています

こうした古い習慣が、古い町並みとともに残っています


応援のクリック お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

テーマ : 関西地域情報(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)
ジャンル : 地域情報

戦争時代の痕跡

京都深草は、第2次世界大戦中の軍都であり、その辺りに戦争時代の痕跡を残しています

下極楽橋01
疎水に架かる下極楽橋/橋脚をよく見れば、陸軍のシンボル五芒星

下極楽橋02  下極楽橋03
兵隊さんがここを通って戦地へ赴いたと考えるとやりきれない思いの橋の名前です

戦争中に使われたものとは知らずに、日常的に利用しています

こうした遺跡は、後世の人の記憶に残るよう、風化させずに残すべきです


応援のクリック お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

曳かれた駅舎

JR奈良駅にある観光案内所は、コンクリート造に瓦屋根葺き、寺院のような建築です

旧奈良駅01
海外からの観光客も多い、奈良駅周辺

この建物、もともとは昭和9(1934)年建設の旧国鉄奈良駅の駅舎でした
線路の高架化にともなって、解体することなく場所を移動して残すことになりました
移動と言っても、総重量3500トンの建物を移動するわけですから、大ごとです
「曳家(ひきや)」の工事で、1時間に1mのペースで、4日間かけて18m移動されました

こうして、古くからの曳家の技術で、奈良の玄関口が新たによみがえりました


応援のクリック お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

民家のからくり床几

京都の民家に、折り畳み式の台を見かけます

ばったり床几01
京都深草の民家の軒下/折り畳んで仕舞われた状態のばったり床几

これは、「ばったり床几(ばったりしょうぎ)」と呼ばれるものです
普段は、邪魔にならないよう折り畳んで仕舞われています
脚を出して倒せば、縁台・腰掛け(床几)になります
近所の人と腰掛けて話したり、涼んだり、商売道具を置いたり、梅干し干したり、…

壁から縁台が現れるなんて、なんと遊び心のある仕掛けでしょう!


応援のクリック お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

大阪せともの祭

きのう、以前の記事 にも書いた大阪せともの祭に行ってきました

大阪せともの祭01
陶器神社に奉納されている陶器を纏った人形

高いビルが建ち並ぶオフィス街の狭間に、お祭太鼓の音が響きます
境内には、奉納の人形がご開帳され、茶碗供養、関西の作家の陶器市も行われています
ジャズコンサート、ゆかた茶会、招き猫展示など参拝者が楽しめるイベントが催されています
派手さはありませんが、仕事帰りの人と地元住民に愛されているお祭でした

お祭は、7月24日(土)まで続きます


応援のクリック お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

平城宮詣で

平城遷都1300年に合わせたイベントが催されています

平城宮詣01
はるか向こうに見える大極殿(だいごくでん)へ向かう行列

学生時代、710年・平城京遷都の年号をゴロ合わせで「ナント大きな平城京」と覚えてました
その平城京の北に位置する平城宮は、南北約1km、東西役1.3km、と広大です
平城宮で、国の重要儀式に使われていた大極殿が復元され、匠の技を見てきました

イベントは大盛況でしたが、広すぎたのか、せんとくんに遭えなかったのが残念です

なんと大きな平城宮!


応援のクリック お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

テーマ : 史跡
ジャンル : 学問・文化・芸術

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント