FC2ブログ

世界一を支える日本の技術

これは何でしょう?

明石大橋ケーブル01
六角形の束が合わさって円形になっています

平成10(1998)年開通の明石海峡大橋の命、吊り橋のケーブルの実物大断面模型です
ケーブルの直径は 1,122mm、直径5.23mmのピアノ線を約37,000本束ねられています
素線の総延長は、30万km(地球を7周半分に相当)にもなります
ケーブルが支える橋は、全長3,911m、中央支間(塔と塔の距離)は、世界一の1,991mです

世界一を生み出したのは、誇るべき日本の技術力です


応援のクリック お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

スポンサーサイト



カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント