FC2ブログ

リフォーム工事で解体後の確認

東香里の家のリフォーム工事が始まりました

H-解体01
内部の床、壁が撤去され、柱と梁の状態になった状態で打ち合わせです

リフォーム工事では、解体してみないと分からない、隠れている部分が多いです
解体して骨組みの状態で、建築主を交えて、設計者、工務店から建物の状態を説明します
図面と照らし合わせながら、構造材の状態と補強の箇所、雨漏りの状況などを確認します
構造の組み方によっては、間取りや意匠の設計変更が必要な場合もあります

柱を撤去できるのか、補強をどうするのか、こうした現場での判断が大切になります


ここをポチッと応援 お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

スポンサーサイト



カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント