FC2ブログ

手書きの伝言

大阪梅田の阪急電車の高架下にかっぱ横丁があります

かっぱ横丁01
飲食街や古書店などが並んでいます

そのかっぱ横丁に懐かしいものを見つけました

かっぱ横丁02
チョークで書く伝言板はアナログな世界ですが、文字の向こうに人の顔が見えるようです

かつては、駅や待合わせ場所に設置してありましたが、近頃あまり目にしません
今は誰もが携帯電話を持っていて簡単に連絡がとれるので、時間に対して多少ルーズです
約束した時間に遅れてあせったことや、待ちぼうけを食ったことも遠い思い出です

時間を守ることが大切だった昔を思い出しました


ここをポチッと応援 お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

各家庭に合ったものを

Fさんとシステムキッチンのショールームへ行ってきました

F-TOTO01
キッチンの使い方をスタッフに説明してもらいます

実際のものを見ながら決めることは多くあります
キッチンの高さやシンクの大きさ・材質、カウンターや扉の材質や色、取っ手や開き方など
水栓金具、調理機器やレンジフードは機能性など使い勝手によって選びます
デザインも大きな要素のひとつです

各家庭の奥さんによって使いやすい形は違って、各々に合ったものを選びます


ここをポチッと応援 お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

季節の変わり目

事務所前の公園の桜が散り始めました

鯉のぼり01
青空に桜も葉桜に・・・

長く寒い冬のあとに楽しませてくれた桜の季節も、はや終わろうとしています
公園にはさっそく、鯉のぼりが立てられていました
節句が季節季節の変わり目を表し、端午の節句がやってきます
節目(ふしめ)とはよく言ったもんです

季節を表す、よき日本の文化・習慣です


ここをポチッと応援 お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

高架下のチャップリン

阪急中津の高架下です

中津高架下01
昼間でも薄暗い・・・戦前もしくは近未来的・・・

高架下には、倉庫や製氷工場などがあります
昼間でも薄暗く、一人歩きにはちょっと恐い
壁面いっぱいの看板でもあるチャップリンが睨みを利かしています
ここは、ギャラリーでライブハウスでカフェでもあるイベントスペース前です

忘れ去られた空間が、若者が集まる空間に変わって使われています


ここをポチッと応援 お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

ゆとりの空間

東山の家に、階段がつきました

U-階段ニッチ01
手すりを取り付けています

階段の壁には、奥さんからのご要望で、一部壁をへこませたニッチを設けました
壁の厚さを利用した奥行きの小さなニッチです
10cm足らずの奥行きですが、人形や本、写真などちょっとしたものは飾れます
壁で囲われた殺風景な階段室が、明るく華やかになります

ちょっとした遊び心が、ゆとりを生みます


ここをポチッと応援 お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

人と人との距離

阪堺電車 の運転席は、乗客と近いです

阪堺電車運転席01
運転席のコックピットとの境に仕切りはなく、覗き込むことができます

運転手さんは、ちょっと窮屈そうな最小限の空間に、脚を折り曲げて身を入れています
ゆっくり走る電車の運転席からは、通りを歩く人とお互いの顔が見えるほど近いです
電車を横切る人がいれば、ちんちんと鳴らして速度を落としたり、渡るよう促したり・・・
その関係は、いたってシンプル、アナログです

運転席も、人と人との距離も、昭和サイズのようです


ここをポチッと応援 お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

満開

うちの事務所前の公園の桜は満開です

中津公園桜01
しだれ桜もちらほら咲いてきました

うつむいていたしだれ桜も、ちらほらつぼみが開いてきています

美しい四季のあるニッポン! また花を咲かせましょう


ここをポチッと応援 お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント