FC2ブログ

成長にあわせて変化する子ども室

以前設計をした I さん宅へ伺ってきました

I-柱の傷01
子ども室の柱が、成長の証しです

住まわれてから、5年が経ちました
住宅完成当時、9歳と6歳だった長男と長女のための子ども室は、大きなワンルームでした
お子さんも大きくなり、それぞれ個室が必要な年頃になってきました
設計当初から2室に分けることを想定して、扉、窓、収納をそれぞれ2つ設けています

子どもの成長を考えた間取りが、いま、有効になっています


ここをポチッと応援 お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

スポンサーサイト



カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント