FC2ブログ

建物も通気をしていつもカラッと

Kさんの家の外壁工事が進んでいます

K-通気見切01
壁と軒裏の当たる箇所に通気のための見切を設けています

外壁の下地には胴縁が設けられ、空気が通る隙間を確保しています
この隙間を通って外壁の下部から上がった空気は、通気の見切から吐き出されます
また、屋根裏にも通じているので、ここから空気を吸い取り、屋根の天辺から出ていきます
常に空気が流れることで、壁面内、屋根裏の湿り気はなくなります

いつもカラッとした状態が建物の寿命を延ばします


ここをポチッと応援 お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
スポンサーサイト



カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント