FC2ブログ

人間を問いかけるミステリー

ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」は連載から2年後1880(明治13)年に完結しました

カラマーゾフの兄弟1312
新潮文庫は全3巻、総2000ページ弱、130年以上読まれている名作です

覚えにくいロシア人の名前やキリスト教の宗教観がないと読むのを投げ出したくなります
その気持ちを抑えて多少斜め読みしながら時には何行も戻りながら注意深く読み進めます
その後に起こる事件に周到に伏線が張られ後半は犯罪ミステリーの謎を解くがごとくです
当時のロシア社会を背景に神や復活、正義や嫉妬など人間の性(さが)について語られます

ラスト、アリョーシャが次世代へ諭す希望の言には感動を覚えます


スポンサーサイト



カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント