FC2ブログ

リフォーム計画段階で解体調査

リフォーム計画中のお宅に工務店の監督さんと行きました

H天上解体1403
天井の一部をはがして構造の組み方が気にかかる上階の床組を覗いてもらっています

リフォーム工事は新築工事と違って解体するまで分からない部分があります
大きな間取りの変更では計画中になかった柱が必要になることもなくはありません
すでに構造補強のため一部はがした壁と床、そして天井裏の隠れた部分を見ました
計画中の図面と見比べ、柱や梁の撤去の可能性、配管スペースなどを調査しました

部屋の中に柱を立てることなく広がりのある空間に生まれ変わることが確かめられました


枚方市のゆるキャラ

枚方市庁舎のエレベーターです

枚方市ゆるキャラ1403
枚方市観光大使・くらわんこ と くらわんこの友達(と書いてあります)・ひらにゃんこ

くらわんこ は知っていましたが、いつの間にやら仲間が増えてます
金太郎張りの前掛けをかけている猫のキャラクターです

くらわんこはくらわんか舟にかけてるのは分かりますが、ひらにゃんこは・・・にゃんなんだ?


とりあえず・・・伏見の酒で乾杯

地元伏見で友だちと久しぶりに食事に行きました

乾杯1403
いつもならとりあえずビールで、と言いたいところですが日本酒にしました

京都市に強制力や罰則のないある条例のことを最近知りました
去年できた「京都市清酒の普及の促進に関する条例」、通称・乾杯条例です
伏見は古くからの酒どころですが日本酒の若者離れはここでも同じです
条例のおかげもあってか結婚式でビールに代えて鏡開きをするカップルも増えているらしい

日本酒の味を知るきっかけ作り、地域おこしに役立てばいい宣伝効果といえます


建物自体が展示品

昔の小学校が京都市学校歴史博物館(京都市下京区)としてよみがえっています

開智小学校跡1403 成徳1403
明治8(1875)年開校の成徳小学校の玄関部分を移築、鬼瓦に「成徳」の文字が見れます

この博物館は近隣5校の統合によって廃校になった開智小学校の跡地を利用しています
開智小学校は明治2(1869)年町衆によって創設された「学区制小学校」のひとつです
旧開智小学校の明治期の正門と大正期の石塀は今も使われています

それら自体が各学校、歴史が重なり合った展示物です


赤い月

きのうの夜の月は赤かった

赤い月1403
ちょっと不気味にも神秘的にも見えます

赤い月は不吉なことが起こる前兆・・・ではありません
大気中のチリや水蒸気が多いと光が散乱され散乱されにくい赤い光だけが地上に届きます
今朝の空気は少しもやっています
大陸からPM2.5、黄砂が飛んできて大気に広がっている影響かも知れません

その意味では不気味かも・・・


枚方での建築家作品展

きのうは、ラポール枚方での建築家作品展に参加しました

IFA建築家作品展1403
10人の建築家の作品のパネルと模型が展示されています

本日16日(日)も10:00~17:00に開催されています
ご興味のある方は相談コーナーも設けてありますのでお気軽にお越しください
詳しくは下記表題をクリックお願いします

 建築家作品展・ラポール枚方


旅に得るもの、失われるもの

上野、青森間を結ぶ寝台特急あけぼののラストランのニュースを見ました

あけぼの1403
最後の姿を見ようと多くの人が上野駅に集まりました/NHK9時のニュース映像を撮影

別れを惜しむ声は人にかけているようでこの列車がいかに愛されていたのかが分かります
寝台列車では同室になった人同士に会話も生まれ駅弁食べながらゆっくりの旅です
新幹線が走って時間が短縮され、そうした旅の楽しみ方も変わってきました
目的地に早く着くだけでないその道程の楽しみということが減ってきます

鉄道ファンでもなくとも旅好きとしてはなくなっていくのは淋しいものです


人としての美学

最近は世に出るがために偽りの自分を演じる人間のニュースを耳にします

影法師1403
「影法師」 百田尚樹/正直な生き方をした二人の男の友情の物語です

主人公・勘一は完成まで見届けることができない大きな土木事業に身を捧げます
私利私欲ではなく藩のため民のための事業に尽力します
そんな彼に対して親友・彦四郎は陰ながらことを見守ります
違った意味での自己犠牲の上に大事をなす二人に本来の日本人の侍魂を見ます

時代小説を通して、最近薄れてきつつある仁や義を学ぶことがあります


住む人のもっているイメージを探る

設計案をお施主さんに提示するまでにいくつもの案を検討します

H邸プレゼン1403
最終的にお見せするのは、これといった1案だけです

時にはその案に至るまでの検討した内容を説明します
模型やスケッチで空間の使い方を示すこともあります

いろんな方法での話し合いの中で住む人の潜在的なイメージを引き出していきます


みつえさんの見る夢

父親が亡くなり認知症が進んだ母親のみつえさんの日常を面白おかしく描いた漫画です

ペコロス1403
「ペコロスの母に会いに行く」 岡野雄一/暖かいタッチの漫画に笑い、ほろっとさせます

 「さっき、父ちゃんが訪ねて来なったばい なあユウイチ 私(うち)がボケたけん
 父ちゃんが現れたとなら ボケるとも悪か事ばかりじゃなかかもしれん」 (P.110)

みつえさんは時間の感覚は薄れ、過去と現在を行き来します

介護する人もそうでない人も認知症患者の気持ちにちょっと触れやさしい気持ちになれます


カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント