FC2ブログ

維新の志士の住居跡

京都・丸太町を下がった鴨川沿いに木戸孝允の京都別邸の一部が残っています

木戸孝允旧邸1404
元は江戸期の公家・近衛家別邸だった建物/宝形屋根天辺には立派な飾り瓦

1階は10畳1室、2階は床付き6畳、3畳、次の間の小さな建物です
簡素で上品な和風建築は茶室かお堂の趣があります
1階座敷は三方が縁側に続き庭を楽しみ鴨川を見下ろし比叡山の風景を愛でたことでしょう
かつての大きな木戸邸敷地建物は分割解体され、残るのはこの建物と庭の一部のみです

ビルの間に窮屈に建ち庭には芝が敷かれ当時の周囲の環境を楽しめないのは残念です


スポンサーサイト



カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント