FC2ブログ

アートな電話局

京都・西陣に装飾が目を引く建物があります

西陣電話局1405
柱の上に抽象的な裸婦像、レリーフ板の壁、塔屋にライオンの頭が装飾されています

大正10(1921)年、逓信省技師・岩元禄の設計した旧京都中央電話局西陣分局舎です
昔から織物で有名なこの町には革新的なモダンな建物です

古い伝統の中に新しいものを融合させて今も形を変えて生き続けています


スポンサーサイト



カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント