FC2ブログ

大地に走る生のしるし

雨の日にふと下を見下ろすと枯れた緑の庭を根が走っています

木の根1501
樹木の高さに負けないくらいの広がりでその根を伸ばしています

雑草の緑で覆われていた夏場には気づきませんでした
たまたま表に表れているこの風景は土の中を覗いたレントゲン写真を見るかのようです
ヒトの血管状に貪欲に土の栄養分を求めて生きています

「生」を感じます


基礎コンクリートが打ち終わりました

N&N邸は基礎のコンクリートを打ち終わりました

NN邸基礎コンクリート1501
雨にも降られずに打ち終わりました

コンクリートは外気温によって強度の出かたが違ってくるので気温によって補正します
寒い時期の温度補正を現場に指示して打設、養生中です

十分な養生期間をとって上棟に備えます


冬に色鮮やかな花のカーテン

京都ヨドバシには通りに面した壁に緑が植えられています

京都ヨドバシ壁面緑化1501
壁面に植えられた植物が垂直に立ち上がる花畑をつくっています

夏に緑が繁っていた壁がこの寒い季節はどうなっているのか興味がありました
緑の葉っぱが黄色や紫、鮮やかな赤に色を変え夏とはまったく違った趣きです
数種類の異なった植物が織りこむ植物のテキスタイルです
町家を往く舞妓さんの着物にも似て華やかです

見る人によっていろんな形に見えるひとつとして同じデザインのない自然の造形美です


オープンなキッチンの油はね防止

守口のリフォームではオープンなキッチンにしました

紅陽館Hキッチン1501
対面型のキッチンのカウンターがフラットな奥行きの大きいタイプです

キッチン上の高い位置にある吊り戸棚は使い勝手が悪いため設置していません
天井がダイニングと一続きでキッチンとダイニングには一体感があり広がりを感じます
調理の際の油はねが気になるということで調理台前にガラスのガードを設けています
台所仕事を奥さん一人でする従来型のキッチンからオープンなものが好まれてきています

夫の料理への参加、LDで遊ぶ幼子の見守り、家族との会話などが重要視されます


干支のお守り

干支にちなんだお守りです

文子天満宮福袋お守り1501
京都・文子天満宮の置き型の開運・厄除けの福袋お守りです

巾着袋に羊が隠れています
手作りだけに袋の図柄もいろいろ

顔を出した表情が愛らしいお守りです


よりリアルに迫る

Lixilギャラリー大阪で京大の前身三高の科学教育コレクション展が開催されています

三高ミツバチ模型1501
「科学開講!」展/各器官まで作られたミツバチの断面模型の展示です

実験機械の他、昔理科室の隅で見たような生物標本が展示されています
3D映像や3Dプリンターがなかったころにつくられたリアルな標本は大切な教育材料です
内部が露わに精巧に作られている美しい模型はもはやアートです
このように精密につくられていることに観察することの大切さが現れています

本物、もしくはより本物に近いモノに触れることが知ることに関しては大切です


リフォーム工事で壁の傾きを修正する

リフォーム建物は長年の影響でが多少に関わらず傾いている場合も少なくありません

Mot邸外壁側下地1501
既存の柱に沿わせて傾きを調整する材を当て横胴縁を打ちつけ壁の下地を作ります

多少の傾きなら解体した際に立て起こすこともできます
不可能な場合はレーザー測量機器を使って垂直を調べ下地材で立ちを直します

建具や家具、設備機器を設置した際に支障がないようにしていきます


カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント