FC2ブログ

明るいキッチンでみんなと楽しく

N&N邸はキッチンが設置されました

NNⅡ型キッチン1504
流し部分とコンロ部分とが分かれているⅡ型のキッチンです

天井の高いワンルーム空間の中に配置されています
コンロ前には明るい色のタイルを貼りました
手前、流し側は家族室に面してオープンなアイランドキッチンです

光がいっぱい入る明るい部屋で調理を楽しんでいただきます


悲しくも心に沁みる

大人になろうとする少年の初恋の物語が一転過去の過ちを謎解く物語になります

朗読者1504
「朗読者」ベルンハルト・シュリンク/人間の罪、尊厳を描きます

他人の人生に関わったとき過去のことであったとしても傍観者でいることは難しい
事の背景を知る必要があるのではないか自己に問いながら罪悪感を感じる事もある
果たして人は他人を裁くことができるのか、自分自身にも責任があるのではないのか
憧憬、怒り、後悔、自責、空虚・・・語り手が抱える悩み苦しみはいろんな風に読めます

この哲学的テーマを自分自身に問うて考えさせられます・・・


春の色がまたひとつ

春になると町がカラフルになってきます

山科川沿いセイヨウカラシナ1504
近くの山科川沿いと土手にはセイヨウカラシナの黄色い花が緑の中に色を添えています

植物も冬眠していた冬から色のある季節になります

周りの風景に色が入るだけで気分がウキウキしてきます


施主さん壁を塗る

N&Nでは一部の壁を施主さんが施工しています

NN壁施主施工1504
作業用のつなぎを着てマスキングの後ご主人と助っ人のご友人が塗っています

現場監督の指導のもとコテ台片手にコテを使って塗っていきます
今回使われた材料は生石灰クリーム、調湿作用がある自然の材料です
下塗りをして次の日仕上げの上塗りの予定です
少々しんどいですが愛着はわくはずです

がんばって!


雨の中の配筋検査

きのうは雨の中、文園ハウスの基礎の配筋検査でした

Ino配筋検査1504
配筋は午前中には終わっていました

打合せ通り施工されているか設備配管との取り合い、鉄筋の補強箇所を確認しました

コンクリートを打ってからでは修正が難しい箇所は特に注意が必要です


川面から見る蔵と桜

地元伏見の宇治川派流の川沿いの遊歩道からです

宇治川派流十石舟桜1504
観光用の十石舟に乗って川面からの景色を遊覧できます

川からは酒蔵に加えて今の季節は桜が楽しめます
3月末から酒蔵開き、桜シーズンと伏見はイベント続きでした

2、3日前から散り始めた桜が化粧している夕方の遊歩道は静かでゆっくりできます


外壁吹き付けの道具

N&N邸は外壁の仕上げリシンの吹き付け工事です

NNリシン吹付け1504
小さなバケツの中に塗料を入れて下のガンから吹き付けています

サイディングの上から吹き付け砂状の仕上がりになります

学生時代に絵を描くとき使っていたエアブラシを思い出します


寒の戻りに桜もフリーズ?

現場での打合せに向かった昨日の大阪は春から冬に逆戻りでした

Ino基礎型枠1504
現場は基礎の配筋にかかろうというところです

先週のあたたかさに油断して軽い格好で出たことに後悔です
10日ころまではこの寒さが続くらしい
大阪では毎年恒例の造幣局の桜の通り抜けが明日9日(木)から1週間開催予定です

冷え込んだのが幸いして散るのを躊躇しているこの春の最後の桜が楽しめるかも・・・


フライド・グリーン・トマトのやさしい味

フライド・グリーン・トマトは主人公の女性が営んでるカフェのメニュー料理です

フライドグリーントマト1504
「フライド・グリーン・トマト」1991年 老人施設で知り合ったおばあちゃんの昔話で始まる

疲れたときやくじけそうになったときに元気がもらえる映画です
どの人にもそれぞれの人生に物語があり苦しいことを体験し一生懸命生きています
人種差別、DV、同性愛、家族・・・50年代のアメリカの社会問題が描かれています
暗くなりがちなテーマをサスペンスタッチに笑いを織り交ぜながら物語が進みます

ラストはきっと幸せな気分にさせてくれます


桜じゅうたん

昨日、沖縄と宮崎では最高気温が30度を超え真夏日を観測したとのこと

桜散る1504
京都は前日からの雨が桜の多くを散らし若葉が顔を覗かせてきています

花は散っても今なお楽しませてくれます

いっとき楽しませてくれた花も終わり次の季節へそろそろバトンタッチ・・・


カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント