FC2ブログ

玄関入り口のつくり方

N&N邸の入り口部分に格子がつきました

NNポーチ格子1504
玄関入り口は外部に直接面していなく一旦ポーチのスペースに入ります

ポーチに設けられた深い庇は雨天の際に傘が折りたためる場所です
外部からの視線をさえぎるために格子を設けています
敷地に高低差があり下からの視線をさえぎるために横格子としています
広めの土間は自転車置き場にもなり土付きの野菜を置くスペースにもなります

囲われていながら明るく風が通り抜ける内外をつなぐ緩衝地帯です


スポンサーサイト



検査済書が下りました

住宅が完成し確認検査機関の検査も無事終わり検査済証が下りました

NN検査済証1504
完了検査で指摘の是正工事が終わり検査済証を受け取りました

これで4ヶ月間待っていただいた施主さんにようやく新居に住んでもらえます


庭の実測に苦戦する

リフォームの際に敷地や建物の図面がないとき設計者が実測することがあります

Ino現地調査1504
外構も正確な寸法が必要な場合は測量業者に頼みますが簡単な測量は行います

庭の空地に増築できるか調べるためスケールとスケッチブックをもって庭に入ります
庭木や石や灯篭など障害物の位置や大きさ、形、敷地のレベル差も図面に落とします
採寸した資料を基に図面化してようやく計画です
今の季節は緑が繁ってきて樹木が多い庭での調査は大変です

自然のものに直角はなく図るのは難しい、それが自然の造形ではありますが・・・


15年ぶりに再会しました

以前非常勤講師をしていた専門学校の同窓会に出席しました

中実同窓会1504
15年ぶりに久しぶりに顔を合わせました

遠くに住んでいたり仕事で都合が合わなかったりそう多くは集まりませんでした
顔つきが幼い学生から仕事人の表情に変わっています
数は少なかったものの卒業生の現在の仕事ぶりを聞くことができました
卒業生のみんながいい大人になって活躍してるのが頼もしい!

元気でがんばっているのを見れたのが何よりです


長居したくなるトイレの内装

本来の穢れた場所を快適にすることできれいさは保たれます

NN便所1504
窓から光と風が入る快適なトイレは長居したくなります

便器や手洗いからのはね返りの水が気になる腰壁部分は掃除しやすい板張りです
その上部の壁は塗り壁、施主さん自ら塗られたもので消臭、抗菌作用があります
床は籐に見える塩ビ性のタイルで水に濡れても大丈夫です
材料や機器の進化で一昔前の暗い臭い汚いイメージはなくなり居心地よくなります

これで快適になった場所を汚すことはありません


内部と外部をつなぐ濡れ縁

N&N邸は濡れ縁デッキを施工中です

NNデッキ工事1504
家族が集まる部屋のはき出し窓から出れます

軒を深く伸ばして濡れ縁デッキを設けています
内部の延長として広がりを感じさせ庭の一部として外部環境を楽しむことができます
内外をばっさり切るのではなく曖昧にするのが日本の空間の特徴です

昔ながらの日本的な空間は環境との付き合い方を教えてくれます


花の冠

家の近所にハナミズキの花が咲き始めています

ハナミズキ1504
白い花と赤い花が咲いています

開花した花も美しいですが咲く前の準備態勢をとっている閉じた形が好きです
今からはじけて花粉を撒き散らそうと花びらを張っているように見えます
新たな生命誕生のための自然の一生懸命さと知恵を見ます

手のひらを閉じたような形は冠のように実をやさしく包み込んでいます


この構築物もレンガ造!

文園ハウスは配管工事中です

InoueH下水1504
宅内の配水管を道路の側溝に接続しています

道路の排水桝というとコンクリートでできていると思っていました
蓋が開いていたので桝の中を覗いてみるとレンガが積んでつくってあります
古くにつくられたインフラ設備にはこうした設備がまだまだ多いようです

かなり年代が経っていますが現役で活躍中です!


映画の原作を読みたくなる

映画を観て原作を読みたくなりました

フライドグリーントマト原作1504
「フライド・グリーン・トマト」ファニー・フラッグ/時間軸が入り組んだ構成です

物語に出てくる人物は誰もが何らかの陰の部分を持っています
人種問題、男中心社会、老いの問題など社会問題に毅然と立ち向かいます
重いテーマ、ハンディのある人たちを扱っていながら物語りはなぜかすがすがしい
老いた主人公のいつまでも若い気持ちが寄ってくる人に勇気と元気を与えます

文字からはユーモアと愛情がたっぷりあふれてきます


町家に見る職人の技

長年何代にもわたって受け継がれている町家に家作りの本質を見ます

Lixilギャラリー金沢の町家1504
Lixil ギャラリー大阪で開催されている「金沢の町家 活きている家作職人の技」展

伝統技術を持った職人さんの道具、技が展示紹介されています
古民家の修復工事にも先人の仕事に敬意を示しながら手を加えます
このように修理してゆくことで何十年ももつ家を受け継ぐことができます
現代の安く早く簡単に建て寿命短く壊される家の作り方とは正反対にあります

家を消費物として考えるのか大切に使い継承するのか住む人の価値観が問われます


カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント