FC2ブログ

リフォーム計画前の現地調査

リフォームの相談を受けている住まいへ現地調査しました

hamano現地調査1605
賃貸で貸されているお宅のリフォームです

築38年の住まいを25年前に一度リフォームされています
ゆくゆくは持ち主のご夫妻が住まわれますが当座は貸されるためリフォームします
計画をするのにもまず現場状況を見て傷み具合などを調べなくてはなりません
床下や建物周りも目視、水平器を当て実測し写真に収めて調査をもとに図面を起こします

限られた予算でどこまでできるかこれから検討です


スポンサーサイト



昭和を感じた新しい地下街

大阪の繁華街・心斎橋を中心に東西2ブロックに続く地下街・クリスタ長堀があります

クリスタ長堀靴磨き1605
おしゃれな商店に挟まれて昔ながらな店が入っています

靴磨き、靴修理、バッグ修理、合鍵屋の店です
周辺にはオフィスも多いだけあってか、こうした店の需要も少なくないようです
仕事の途中に立ち寄るビジネスマン、ビジネスウーマン風のお客さんが見られます
修理を待つ間、椅子に掛けて待っているお客さんもいます

消えてはならないこうした店もあるようです


工事前に土地の神さんにご挨拶

心配していた雨も降らず、Oさん邸の地鎮祭が終わりました

ohno地鎮祭1605
地鎮祭を執り行うのは地元のS原神社さんです

式は半時間ほどで無事終わりました
この辺りで古いだけあって神主さんから土地の成り立ちや歴史について話を伺いました
今は小高い丘の住宅街になっている場所も室町期に開かれたとか

土地の神さん、来週から土地に手を入れさせてもらいます


カメラが修理から帰ってきました

現場に行くのにもいつも持ち歩いているコンパクトデジカメが修理から帰ってきました

リコーGRⅣ修理後1605
本体を握るラバーが暑さのせいかベロンとはがれ糊まみれになってしまいました

修理にもっていくと気づかないうちに本体の一部も割れていてついでに交換しました
ラバー部分、割れた部分、糊でべとべとな部分、すべてきれいになりました
製造中止から5年が補修部品の在庫期間らしくこの製品は4年目です
次壊れたら修理できないこともあるらしい

写真の色合いが好きなコンデジで長く使いたいけどむつかしいもんです・・・もったいない


落ち着いた和の会議室にリフォーム

S社ビルの会議室のリフォームでは床と壁の工事が大方終わりました

Sakawhクロス1605
壁はベージュ色の塗り壁調のクロスを基調としてアクセントになるクロスを張っています

S社の会議室は事務的な冷たいものでなく、くつろげる和の会議室としています
床は落ち着いたアースカラーのタイルカーペットを敷きます
会議室正面は濃い茶色、窓が設けられた縦長の壁は木の模様のクロスです
天井は予算をかけず照明器具を電球色に入れ替えるだけで落ち着いた雰囲気が出せました

限られた予算内で落ち着いた雰囲気の会議室に生まれ変わります


京の名所・鴨川

京都・鴨川の夕暮れを四条大橋から眺めます

鴨川の床1605
夏の鴨川名物・・・川に迫り出して設置された床と一定の間隔空けて座るカップル

本格的な夏の暑さが続いた京都では鴨川に涼をとっています

いよいよ京都特有のじめっとした梅雨、暑い夏がやってきます


建築士の講習会で久しぶりのテスト

建築士の定期講習を受けに行ってきました

建築士定期講習1605
テレビでの講習に朝9時半から夕方5時半ころまで一日みっちり机に向かいました

講習内容にボリュームがあり一時たりともテキストから目が離せません
たっぷりの時間があるかと思いきやめいっぱいの講習でした
最近の法改正に新しく知ることや日頃の実務を頭の中で整理するのにいい機会でした
講習後のマークシート・テストでは全ての問に参考書で調べていると時間はぎりぎりです

久しぶりのテストに時間配分考えていなくて冷や汗ものでした (^_^;)


設備機器のショールームへ

浴室と便器をショールームで確認するため大阪・梅田に行きました

Tana3UBショールーム1605
模型やCGで色を組み合わせ、シミュレーションしながら決めます

展示している実物で色や空間、使い勝手、材料の質感などを実際体験します
スタッフと相談しながら説明を受けるとそれぞれの特徴もわかります
カタログや小さなサンプルではわからない点がショールームで確認できます

実物を見て説明を聞くと間違いがなく手戻りも少ないです


足もと見れば日本の伝統模様

日本の伝統模様を階段に見つけました

二月堂階段模様1605
波模様、亀甲模様、唐草模様が石段に刻まれています

ここは火の粉を落としながら松明が駆け巡るお水取りで有名な奈良の東大寺二月堂です
上り口の数段に模様がありこの階段を上って二月堂の舞台へ上っていきます

石工のデザインか縁起をかつぐ意味をもつのか滑り止めか、伝統的デザインが斬新です


上からの自然光で玄関を照らす

土居町のリフォームでは玄関は広さのわりに窓が小さく少々暗い

Ino玄関天窓1605
光を入れるために天井に穴をあけ天窓を設けました

壁に開口部をあけられないため上の方から光を入れます
天井部分には障子をはめ込む予定で光がやさしく降り注ぐ自然の照明器具になります

昼間でも照明を必要としていた玄関が自然光によって明るく生まれ変わります


カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント