FC2ブログ

木材のプレカットの打ち合わせ

O邸の木材プレカットの打ち合わせを工務店、プレカット業者としました

Ohnoプレカット図1606
2次元では分かりにくい納まりの箇所はパースで表現してくれています

材料仕様、寸法や組み方を最終確認して複雑に絡む箇所は詳細図で確認しあいます
プレカット技術やCAD図面の技術も進化して立体的に簡単に見れるようになりました
プレカット前の打ち合わせで上棟の際の作業がスムーズになります
現場での大工仕事を減らすことができコスト削減につながります

基礎のコンクリートは今週初めには出来上がりあとは上棟の日を待つのみです


先人の知恵から防災を読み解く

川の災害が多いわが国において先人が築いてきた防災の思想を知ることができます

水防の知恵と住まい展1606
LIXILギャラリー大阪の「水屋・水塚 水防の知恵と住まい」展

日本の河川流域は常に洪水被害を受ける一方肥沃な土壌を生かした農業が栄えてきました
そうした地域では近代的な治水技術ではなく水害の被害を軽減する減勢治水で対処しました
水の勢いを力で抑えるのではなく自然の力を利用して治めるという柔軟な考え方です

自然を脅威と思いながら自然とともに生きてゆく日本人の思想・精神を見る思いです


クロス仕上げ前のファウンデーション

S社ビルのリフォームはクロスの工事中です

Sakawhクロス下地1606
クロスの下地のパテ処理をしています

化粧のファウンデーションのようなものでパテで凸凹な部分や穴の開いた部分を埋めます

土台作りを終えてパテが乾くといよいよ仕上げに入ります


配筋検査を終えました

雨がぱらつく中、O邸の配筋検査を行いました

Ohno配筋検査1606
住宅瑕疵保証の検査も同じ日に行い検査員さんが詳しく見て回られました

図面と照らし合わせながら配筋状況、継手長さ、補強状況、かぶり厚などを見ました
問題なく検査は終わりました
この季節天候が不順ですが翌日のコンクリート打設の日は雨の心配はなさそうです

徐々に実際の建物のスケールを感じられるようになってきます


朝早く夜遅くまで営業の駅近スポット

5月16日オープンした京阪枚方市駅前の枚方T-SITEに夜立ち寄りました

枚方T-SITE1606
蔦屋書店は7時から25時までの営業で夜遅くても多くの人が書店を訪れていました

ラウンジチェアが置いてあるフロアもあり休んだり本を読んだりくつろいでいます
最上階の飲食店フロアの店はテラス席が続いています
涼しい夜風を感じれる心地よい空間です

枚方市駅に続いていて電車を利用する乗客にとっても利用しやすい施設です


木の要素を取り入れた駅舎

JR京都駅は古都京都のイメージを変えた斬新なデザインですが隣の二条駅は違います

JR二条駅1606
1996年高架するにあたって造り替えられた駅舎は木構造のトラス屋根が掛けられています

二代目の駅舎は曲線のやさしいフォルムをしています
かつての二条駅は明治37(1904)年に建てられた瓦葺き日本風の木造駅舎でした
平成8年京都市指定有形文化財に指定され現在は京都鉄道博物館に移築保存されています

規模は違いますが対照的な京都の2つの駅舎を見比べるのも面白いです


電信柱の鳥居とマナー

伏見稲荷の鳥居は世界から観光客を引き寄せる場所ですがここは犬を避けてます

電信柱鳥居1606
小さな鳥居で四方守られています、それもそのはず住宅の玄関の真ん前です

ペットを飼う人にとってはそれほど重く思ってないのかもしれませんが罪です
ペットボトルの水をチョロっと流して、はいお終いではないでしょ!
そんな言葉を同じように不快な思いをされてる住人に聞いたことがあります
ペットの飼い主は家の玄関口が汚される側の身に立って考える必要があります

こんな鳥居を立てなくていいマナーのいい日本人であることを願います


共同住宅の隣人関係

先日テレビでマンションと団地の違いをクイズ形式で知る番組をちらっと見ました

団地の階段室1606
Q:マンションは廊下でつながるのに、なぜ団地は階段でつながっているのか?

両面の部屋の窓が開放されるからか、などと考えていると答えは・・・
入居者のコミュニケーションの取り方が考えられていたためのこと
縦に積む住まいでは上の階の人がどんどんする音が気になるものです
そんなとき階段室形式の方が上下でコミュニケーションがとりやすい、そんな風な答えでした

戸建てから上下に積む共同住宅に変わる時代隣人付き合いについても考えられていました


床下の湿気対策のシート

O邸は基礎工事が始まり墨を出すため捨てコンクリートを打ち終わりました

Ohno基礎ポリフィルム1606
コンクリートの下に敷いたポリエチレンシートが汗をかいています

地面からの湿気が上がってきていることがわかります
晴れた暑い日が続いていましたが地面が持っている保水力は大きいです
薄いシート1枚ですが敷くと敷かないとでは大きな違いがあるのがわかります
コンクリートを打たない場合でもシートを設置するだけでも湿気防止になります

床下の湿気を減らすことができるひと工夫です


現場で決めるということ

S社ビルのリフォームは現場で床・壁の色決めを行いました

Sakawhサンプル1606
サンプル帳の小さなチップで分からないものは大きめのサンプルを取り寄せます

あらかじめ事務所でコーディネイトして選んで最終現場で確認します
現場での光の入り方や周りの部屋などと合わせて見て変えることもあります

何事も現場主義でいくのがモットーです


カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント