FC2ブログ

和風の趣あるタイルを張る

楠葉野田の家は玄関回りのタイルを張っています

satoukou床タイル張り1712
離れにあたる部屋の前にも黒い石調のタイルを張っていきます

玄関ポーチから玄関、室内の土間風リビングまで同じ仕上げが続きます
同じ仕上げとすることで室内外が一体的になった印象を与えます

落ち着きのある和の趣きを感じさせる住まいになります v(o゚∀゚o)v


施設のイメージカラー

先日、計画中の建物の打合せにH市の消防署に行きました

枚方東消防1712
予防課への階段を上ると床、手すりの赤色が目に飛び込んできます

消防と言えばやっぱり消防車の赤色を思い浮かべます

施設内にもイメージカラーで使われているのかな? (*´ω`)┛


2017年今年の流行語大賞ノミネート「うつヌケ」

作者の漫画家・田中さん自身、10年間うつに悩んだ末に脱出しています

うつヌケ1712
うつ克服のヒントになるマンガ 「うつヌケ」田中圭一

うつのトンネルを抜けた人たちの実体験を通してうつへの向き合い方を示します
仕事の重圧によるストレス、幼いころのトラウマなど原因は人ぞれぞれです
流行語大賞にもノミネートされたほどその関心の高さを示しています
悩んでいる人が多いとも言えます

決して治らない病気でないことがこの体験談から分かります (^-^)


80年以上前のビル建設に職人魂を感じる

大阪府立中之島図書館で建築家・安井武雄(1884-1955)の展覧会が行われています

中之島図書館で安井武雄展1712
写真、図面、スケッチの他、大阪ガスビル(1933、昭和8)の建設記録映像が面白い

杭に使われたのは直径30㎝、長さ17m、2345本の松、外気に触れないと腐りません
重機で吊られた鉄骨梁の上に乗って組んでいく鳶職人は危険と隣り合わせ
ポンプ車はなく生コンはバケットに入れてリフトで上げて手押し車で往復します
外装の50角タイルは1枚1枚手で張ること265万枚、80年後ほぼ剥落はないとのこと

今なお現役の建物はプロ意識をもった職人の手によってつくられています (*´v`)


都会の中のスケートリンク

今年も大阪梅田に冬季限定の屋外スケートリンクが設営されています

梅田つるんつるん1712
グランフロント大阪うめきた広場につくられた特設リンク

商業、事務所、ホテルなどのビル街に現れたアミューズメント施設です
街中のスケートリンクというとロックフェラーセンター前の広場を思い浮かべます
少々寒いですが天気がよく屋外で滑る人も観る人も楽しそう

都会の真ん中で息抜きできるみんなが遊べる公共空間です (*^_^*)


廊下をちょっと広げることで居場所をつくる

楠葉野田の家は子ども室前の廊下にベンチを設けています

satoukou子どもベンチ1712
北からの光が入る明るい奥行き35㎝のベンチ空間、左が子ども室です

まだ小さな子どもが本を読むための居場所として考えています
子ども室の扉を引き込むと子ども室とつながる小さな多目的スペースです
きっちりした用途のない「遊び」の空間です

廊下が単なる通り道でなく生活にゆとりをもたせる空間になります (^-^)/


キズや凹みがつきにくいフローリングを張りました

右京区I邸の離れはフローリングを張り終わりました

imaisaeフローリング張り1712
居室、広縁ともに無垢材ではなく複合フローリングを選んでいます

無垢材と複合フローリング、それぞれのもつ特徴があります
今回張った複合フローリングは合板下地に光沢のある特殊コートをしています
擦り傷がつきにくく凹みにくくく水周りにも使えワックスは不要です
昭和初期に建った純和風の母屋と違和感のないよう落ち着いた色合いです

住む人の好みや使い勝手によって使う材料を話し合って決めます (#^.^#)


カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント