FC2ブログ

湖国の美しい姿の観音様

30年ほど前この寺の仏像は美しいと聞いて以来訪れたかった寺があります

渡岸寺1803 渡岸寺十一面観音像1803
滋賀県、高月町にある渡岸寺観音堂に国宝の十一面観音像が収められています

今から1250年前聖武天皇の時代、一本の木から彫られた像高6尺5寸の像です
戦国時代には戦禍から逃れるため一時期土中に埋められたこともあったようです
頭部の面の表情を四方から間近で拝観することができます
観音像のプロポーション、前へ踏み出す腰をひねった立ち姿はなるほど美しい

京都、奈良だけではなく滋賀の仏像、侮れません ( ̄^ ̄)ゞ


スポンサーサイト



町にはみ出した美術館

堂本印象美術館 は改修工事が終わりリニューアルオープンしています

堂本印象美術館リニューアル1803
美術館の外壁が塗り直されアプローチのスロープが整備されました

道路側にあった柵は撤去され緑地帯が緩衝帯として設けられています
敷地の一部はベンチのあるバスの待合所としてゆとりのある空間になりました
近くの大学の学生さんや観光客の利用も多いバス停です

町に開放的になりうまく関わりをもっています v(o゚∀゚o)v


陽気に誘われて鴨川沿いを自転車で走る

昼間は半袖で過ごせるくらいの陽気になりました

鴨川四条の桜1803
四条大橋辺り/京都市内では桜を求める観光客を多く見かけます

鴨川を上流へ上る川沿いのコースはお気に入りの一つです
自転車で走って途中で休憩しながらの花見はいいものです
いわゆる名所ほど人口密度は高くないので気に入った樹の下でゆっくりできます

あと何度桜を楽しむことができるかなあ・・・ (*´ω`)┛


おしりで暖かさを実感する

仕事終わりに 大阪ガスビル 前で友人と待ち合わせしました

大阪ガスビル歩廊のベンチ1803 大阪ガスビル歩廊のベンチヌック1803
大阪ガスビルの1階アーケードにはベンチが置かれていて誰もが使えます

夜はまだ肌寒いですが木製のベンチに座って待ってるとおしりが暖かい
よく見ると床暖房ヌックが入っています

大阪ガスの自社製品の宣伝と市民サービス、一挙両得です (」*´∇`)」


桜咲くところ人が集まる

日曜日は休みで天気が良く桜の開花と天神さんが重なり北野辺りは人が多かった

平野神社の桜1803
平野神社の桜も咲き始め食べ物屋さんの露店が多く出ていました

ニュースで見ると各地の桜の名所では席取りや酒が入ってのトラブルも多いようです
それじゃあせっかくの花見も台無しです

自分だけの桜じゃあないんですからお互い気持ちにゆとりをもって 🌸ヽ( ´_`)丿


絵描き村に残る画家の住まいを訪れる

大正の初め京都衣笠に多くの画家が集まり衣笠絵描き村と呼ばれました

木島櫻谷画室唐楓1803
集まるきっかけになった画家・木島櫻谷(1877-1938)の画室と唐楓の老木

土田麦僊、金島桂華、山口華楊、堂本印象、小野竹喬、福田平八郎らが移り住みます
櫻谷家族が住んだ和館、展示室の洋館、アトリエの画室が今も残ります
画室前に立つ唐楓は櫻谷の作品にも描かれています
木島が住んだ頃は2階の窓から三方に山が見えたらしいが今は住宅で遮られています

近くのきぬかけの路に都会の喧騒から離れた環境であることが分かります (*´v`)


京都市内に見る傘をさした建築

京都市内で傘がかかった建築を見れば何の建物か分かります

京都信用金庫円町支店1803
建築家・菊竹清訓(1928-2011)が手掛けた京都信用金庫円町支店

多少デザインを変えながらも傘屋根が京都信用金庫のシンボルになっています
円町支店では通り側に円柱の廊下、ガラス張りの外壁の屋根に傘が載っています
今から46年前、1972年建築ですが今も現役として使われています
京都信用金庫は地域とのコミュニティを大切に考えその象徴が傘の形です

菊竹さんは建築の形態で企業イメージを表現しています (^0^ゞ


カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント