FC2ブログ

パソコン画面から目を守るメガネ

ブルーライトをカットするPCメガネを買い替えました

エレコムPCメガネ1811
少しいかついフォルムのエレコムのPCメガネのレンズは少しブラウン色です

ブルーライトのカット率が65%と高いことと、日本製であることで選びました
これまで使っていたものもブラウン色付きだったのであまり気にはなりません
フレーム(リム)がないため枠が気になることもないのもいいです

フレームが湾曲してい装着感もまずまず、満足してます

p(*⊡_⊡*)q


敷地に建物の形状を落とす

金下町のダンススタジオは地縄張りを行いました

inoueDS縄張り1811
敷地境界からの距離を測って建物の輪郭にロープを張ります

道路との距離、隣家との位置関係を確認します
道路幅を確保するための敷地の後退寸法を測ります

敷地内の納まりをチェックする大切な作業です

(´・Д・)b


芸術性と娯楽性との兼ね合い

先日開催された東京国際映画祭の審査員の記事を目にしました

東京国際映画祭2018読売新聞記事1811
特色のない映画祭のあり方が問題提起されています(読売新聞11.7)

審査委員長のフィリピンのブリランテ・メンドーサ監督が語ったことによると
「コンペ作には芸術的な質と商業的要素が必要と言われたが両方の融合は難しい」
アート系、娯楽系の作品が一緒くたのコンペ出品作品を審査することへの苦言でした
映画離れしている日本の状況では客が入る映画作りになる傾向があるかもしれません

映画の質とともに娯楽を求める観客のあり方も問われている気がします

(=゚ω゚)ノ


高性能になったコンパクトデジカメの繊細さ

レンズの保護カバーが開き切らず修理に出していたデジカメが戻ってきました

sonyコンデジレンズ交換1811
レンズユニットが交換されて帰ってきました

コンパクトながら簡単にいい写真が撮れます
一方ちょっとしたことで不具合が出るのは精密機械の弱点かな?
部品交換する方が修理するより簡単でコスト安なのかもしれません
精密機器はだんだんブラックボックス化していきます

修理から帰ってきてまた快調に動いてくれています

v(o゚∀゚o)v


子どものころ熱中していたプラモづくり

京都・西大路通りにショーウィンドウに模型が飾ってあるビルがあります

造形村ジオラマ1811
この町並み、実物ではなくよくできたジオラマ、ビル1階に展示してあります

模型ショップ造形村さんのビルで、鉄道模型、プラモデルの販売をしています
タミヤの戦車や自動車、バイクなど精巧にできている完成品を見るのが楽しい
プラモづくりに熱中して近所のプラモやさんに通った少年時代が思い出されます
そのお店もコンピューターゲーム人気に押されずいぶん前に閉店しています

プラモ好きが今の仕事を選ぶのに多少とも影響しています

((∩^Д^∩))


デザインの好みで手に取ってしまう

ペットボトルのお茶もいろいろなメーカーから出ているとどれがいいかわからない

生茶ボトル1811
ペットボトルのデザインが気に入ってついつい選びます

ネーミングもいいし飲んでみるとなかなかおいしいです

味はもちろんですがネーミング、デザインはやっぱり重要です

v(o゚∀゚o)v


商店街での工事は制限があり大変です

金下町のダンススタジオは本体工事の前に周囲の上下水道工事を行っています

inoueDS上下水道工事1811
敷地に工事車両を停めて私道に埋設された上下水道の管の交換を行っています

商店街に面した敷地のため工事車両の通行や停車が制限されます
場所がなく更地になった敷地に車両を停めて道路工事を先行しています

外構工事を考えた工程で進んでいます

(・Д・)ノ


墓参の後の寄り道

滋賀県・水口のご先祖さんのお墓参りの帰り近くのお寺に寄りました

大岡寺1811
大岡寺(だいこうじ)の背景の古城山の紅葉は見ごろには早いです

白鳳14(686)年、奈良時代の僧・行基(668-749)によって創建されたお寺です
行基さんは池や橋など多くの土木事業に関わり大阪周辺にも残っています
奈良の大仏造営に尽力したことで有名です

水口岡山城跡の古城山に上って帰りました

(*^_^*)


進歩する文明の見えない部分

IPS細胞や遺伝子治療の研究は今まで不治だった病への大きな光です

わたしを離さないで1811
2017年ノーベル賞受賞作家カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」(2005)

一方人類がどこまで生命の領域に入れるのか倫理の問題を含んでいます
医科学の進歩とは反対の立場にある主人公の目線で物語は進みます

生命とは、人の定義とは・・・読むうちに深いところに考えが及びます

(*´_ゝ`)


お茶の町に走る列車

JR関西本線の加茂駅でユニークな緑色の車両を見つけました

山城列茶1811
ボディに山城列茶とあるご当地列車、ラッピング列車の一つです

JR加茂駅から亀山駅間で運行しているとのこと

ネーミングとも個性的で面白い

\(^o^)/


カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント