FC2ブログ

町家の残像

36.8度まで気温が上がった昨日の京都、海外からの観光客は相変わらず多いです

町家の残像1907
御幸町通りを高辻通りから下がった辺り、町家が壊された跡が残っています

手前の空地とともにまとまった広い更地になり大きな開発が行われる様相です
商業地域なので法的には問題ないですが、今までの町家スケールはなくなっています
海外からの観光客を受け入れるため多くのホテルが建設され町並みが崩壊しています
混雑して風情がない、と 京都観光を避ける日本人観光客 が年々増えています

京都独特の風情が観光客をひきつけるも一方で壊している、本末転倒です

(*'へ'*)


スポンサーサイト



コストをかけずに雰囲気を変える

昨日の京都は、最高気温36.5度と体温並みでした

iwaichoクロス1907
祝町のリフォーム現場の壁のクロスでは、一部グレーがかった茶色にしました

住まわれる方が家具を置くと色も入るのでベースは白いクロスで仕上げています
雰囲気を変えるために壁の一面だけ変化をつけています
素材を変えるとコスト高になりますが、クロスの種類の変更だけなら心配ないです
経験上あまり薄い色だと違いが分かりにくく、ビビットな色の選択もあると思います

今回は既存の丸太梁とも相性がいいように落ち着いた雰囲気にしています

ヾ(・∀・)ノ


ただ今子育て中

実家のツバメの巣ではヒナが4匹かえりました

実家ツバメ餌やり1907
親が足しげく子どもにエサを運んでいます

人間と同じようにすぐには独り立ちできないヒナは親からのエサを待っています
その懸命に開いた口が黄色いのは目立つようにつくった神の仕業なのか
他の子から負けないよう口を大きく開け首を伸ばしてわれ先にとエサをねだります

健気ながらも早くも生存競争が始まっているのもまた自然の摂理です

(; ̄Д ̄)


自然の水の冷たさを感じる

土用の時期に行われている下鴨神社の みたらし祭に行きました

みたらし祭1907
境内の御手洗池に裸足で入って身も心も清める「足つけ神事」です

長い梅雨が明けてから京都は35度を超える猛暑日が続いています
境内の地下から湧き出る水の冷たさを感じながら灯明をあげて無病息災を願います
池から上がって、ご神水をいただくと汗が引きます

これからの本格的な暑い夏を乗り切ります

v(o゚∀゚o)v


ようやく外壁工事終わりました

祝町のリフォーム現場では梅雨明けとともに外壁の吹付けを終えました

iwaicho外壁リシン終了1907
玄関部分は、サイディングの上にリシンを吹き付けています

今回コスト削減のため、表から見える部分は吹付け、見えない裏部分は塗装品です
梅雨が明けて先延ばしになっていた外回りの工事が行うことができました

しかし、晴れたはいいが、暑さが厳しいです

(;´Д`A ```


梅雨が明けて大阪の祭

きのう、現場近くの神社で夏祭が行われていました

守居神社夏祭り1907
守口市・京阪土居駅前の商店街の中にある守居神社は24日、25日はお祭りでした

店舗が立ち並ぶ商店街のアーケードに面して入口の鳥居が立っています
太陽がさんさんと照り、緑が茂ってホッとできる鎮守の杜です
商店街沿いに毎年屋台が出ていたように思いましたが今年は見かけません

そう言えば25日は天神祭本宮、的屋はもしかしたら花火大会に取られたのか・・・

\(^o^)/


祭りの余韻

きのう、近畿地方は梅雨明けし、京都は35.5度の猛暑日でした

祇園祭大船鉾1907
四条新町で笛や鐘の音色とともに町内に戻ってくる大船鉾に出会いました

梅雨でジメジメしているのが祇園祭にイメージでしたが後祭は少し違います
今年の長い梅雨も終わり祇園さんが終わると同時に本格的な夏になりました
祇園さんも二部構成になって祭りの期間が長くなりましたが、ようやく終わります

京都の町は次の夏の行事の送り火まで一息つけそうです

o(^▽^)o


カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
ホームページ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント