FC2ブログ

再会の思い出を本にする

今回、幹事を担当した小学校の同窓会の仕事がお礼状送付でようやく終わりました

桃小同窓会フォトブック1910
当日撮った写真はA5スクエアサイズの写真本にまとめて同封しました/表紙は桃山城

プリントする、PC上にアップするという手段をとらず、あえて紙媒体を選びました
手元に置いていつでも見れて、アナログなところが気に入っています
初めての試みに写真の選択、本の構成など、思いのほか時間を取られて疲れた~
最後のページには、小学校のアルバムから集合写真を載せました

会の思い出に、出席者の皆さんが喜んでくれるといいのだが・・・

(o‘∀‘o)*:◦♪


スポンサーサイト



天皇さんはちょっと東京へ行ったはるだけ

即位礼正殿の儀が行われた昨日、元離宮・二条城は無料公開されていました

即位礼正殿の儀の日の二条城1910 慶祝屏風の二条城1910
京都は晴れて、閉門間際に入りましたが、まだ多くの観光客が訪れていました

大正天皇即位の大典は大正4(1915)年、京都御所の紫宸殿で行われました
栞によると、当時、天皇の別荘として利用されていた二条城で饗宴が催されています
饗宴のために新築された様々な建物が、直後に移築・撤去されたのは残念です
今回の即位礼の様子を見れば、平安時代より今に続く日本国の歴史と文化を感じます

京都人は親しみを込めて天皇さんと呼び、京都との深い縁を感じています

(*^_^*)


ワンチーム

近所の球技場では、サッカーをよくやっていますが、ラグビーを見るは初めてです

桂川草ラグビー1910
普段からやってるんでしょうが、今回の世間の盛り上がりで目についたのかも

自分も世間の例にもれず「にわか」となり、大いに楽しみ感動を受けました
最初は多国籍に思えたチームが日本人的心をもつことで一つにまとまって見えました
スポーツは、国籍や文化を超えることができるんだと改めて思います
あれだけ闘った試合後に互いを讃え合う選手のノーサイドの精神がまた素晴らしい

桜ジャージは見れませんが、残る最強チームの試合が楽しみです!!

(((o(*゚▽゚*)o)))


時の流れる速さの対比を感じる

週末の雨から晴れ間が見えた昨日の梅小路公園は、多くの人でにぎわっていました

SLとはるか1910
この公園では、外周を走るSL列車と新幹線はるかがすれ違うことも・・・

園内を定期的に走る観光客が乗る客車を引っ張る蒸気機関車、SLスチーム号です
ずんぐりむっくりした黒いボディのSLと洗練された超特急のコラボが面白い
早く移動できるのもいいですが、ゆっくり時間をかけた旅もいいものです
人、景色などとの出会いがあり、考える時間ももてます

そして、無骨な機械美の容姿に惹かれます

ヾ(・∀・)ノ


ハナレに洗面器を設置しました

祝町のリフォーム現場では、ハナレの設備機器が取り付けられました

iwaicho離れ洗面器1910
IHヒーターが置ける巾広いカウンターに流し兼用に洗面器を設けました

食事など炊事仕事は母屋で行うため、お茶くらい沸かせる簡易な水回りです
給湯が必要な個所はここだけなのでカウンター下に小型の電気温水器を設置しました
ハナレは、寝室、ゲストルーム、スモールオフィスなどとしての利用を考えています
どのように利用しても対応できる最低限の設備です

後々あればよかったと後悔しないために、様々なシーンを思い浮かべて計画します

(*´ω`)┛


見えないところから見えてくるもの

解体されたからこそ、民家の軸組みの中に大工さんの職人技を見ることができます

Lixilギャラリーものいう仕口1910
LIXILギャラリー大阪で開催中の「ものいう仕口 白山麓で集めた民家のかけら」展です

建築家・瀧下嘉弘さんが民家の移築や保存を通じて収集した木のかけらです
かけらといっても、柱と梁を木の性質を生かして穴を掘って組む仕口の木片です
組み上がってしまえば見えることなく、解体されるまではその仕組みは分かりません
昔の大工さんは見えないところに芸術的ともいえる精密な仕事をされています

木の仕事に対する愛情、職人魂を感じ、かけらというより美術彫刻を見るようです

o(^▽^)o


保護するものが逆に・・・

カメラが2度目の修理から戻ってきました

カメラケース1910
損傷個所は前回と同じ、レンズカバーが凹んで動作に不具合が出ました

特に外圧を加えていないので、なぜ同じ個所が傷むのか分かりませんでした
よくよく調べていると、どうやらカメラケースのメーカーのロゴが原因みたい
プラスチック製で内側がとがっていて、ちょうど凹んでいる箇所に合致します
純正ではないにしろ、本来カメラを保護するものが逆に傷つけていたようです

小さなことであっても、デザインはいろんなところに気を配ることが大切です

(◎`ε´◎ )


カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
ホームページ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント