FC2ブログ

2020年異例の夏

残暑がまだまだ厳しく新型コロナで不自由な生活が強いられた夏、8月が終わります

公園の動物オブジェ2008
ソーシャルディスタンスをとりながら過ごす夏になった

小中高生は本来なら残っている夏休みの宿題に追われる日だろうが今年は違う
遠出もできずかつて訪れた地を懐かしく思う

「老人はライオンの夢を見ていた」  『老人と海』より

(*^_^*)


スポンサーサイト



水回りには光と風がほしい

文園町の貸家リフォームでは、システムバスが据え付けられました

koyokan5UB設置2008
中庭に面した窓から光が入ります

今回のように細長い建物では中ほどにある部屋に光が入らないことはよくあります
この中庭は減築して新たに設けたもので光と風が通るようになりました
窓を設けるのに第1は居室ですが浴室、洗面、便所の水回りはできれば窓がほしい

機械的に照明や換気は可能ですが湿気や衛生面から外気に面することを考えます

(* ´ ▽ ` *)


設計を始めた原点の建築に遭う

Googleマップの航空写真で現場近くに花博記念公園鶴見緑地を見つけて行ってみた

花博北西ゲート2008 花博記念公園航空写真2008
30年前に開催された国際花と緑の博覧会の跡地につくられた公園に残る当時のゲート

博覧会閉会後は解体されていると思っていたがこのゲートだけは残っていました
天井に張っていた竹はなく補強され色は塗り替えられていたが原形はとどめています
この構築物、実は以前勤めていた事務所に入所して一番最初に担当した建築です
実務経験がない1年目でこのゲートの設計監理を任され現場に放り出されました

役所や大手ゼネコンのつわもの相手に現場の厳しさの洗礼を受けたのを思い出します

o( ̄へ ̄o)(o ̄へ ̄)o


太陽が照りつく中、空想が膨らむ

散歩に行って伏見桃山城をいつも見ているうちに思い浮かぶキャラクターがある

桃山城ダースベイダー顔2008
窓や小屋根がスター・ウォーズのダース・ベイダーの顔、特に口元に見える

ジョージ・ルーカス監督は黒澤明ファンでいろいろ参考にしたと聞いたことがある
隠し砦の3悪人の姫と凸凹コンビ、コスチュームは甲冑や柔道着、武器は刀など
数々の時代劇の傑作を撮っている黒澤明の映画へのオマージュは多い
顔と結びつかないがどこかの城が映画をつくる参考になっていてもおかしくない

城が顔に見える、こんな空想が膨らむのは暑さのせいだけではないと思う

((^∀^*))


夏が終わる予感

昨日からセミの鳴き声がツクツクボウシに変わって夏の終わりが近いことを感じる

枚方雨宿り2008
大阪まで自転車で行った帰り寝屋川辺りで太陽は照っているのに雨に降られて雨宿り

雨が止んで走り出すがまた雨、その繰り返しで枚方を越えると猛烈な雷雨となった
雨宿りの場所を見つけられずびしょ濡れになって帰った
局所的な雨雲のようで雲の範囲を抜けると全く雨はなくて夢の中にいたみたい

この日の朝、テレビで見た星占いは最もよかったのだが・・・なんて日だ!

o(`ω´ )o


ゲンジ捕りに行った道

小学生のころは誰もが夏はプールか虫捕りに外で遊んでいたのを思い出す

御陵さんゲンジの森2008
御陵さんから鬱蒼とした森へ入る道はゲンジ捕りに行った場所だったと思ったが・・・

京都ではクワガタやカブトムシをゲンジと言っていた
近所のクヌギの樹のある雑木林に入ってゲンジを捕りに入っていた
確かこの森だったと思うが道は柵でふさがれ立ち入り禁止の札がかかっている
ずいぶん前のことなので記憶違いかもしれない

残暑厳しくセミが激しく鳴く御陵の森の中で子どもの頃の記憶が駆け抜けた

(;´Д`A ```


風を流して人も流れる

文園町の貸家リフォームではサッシが付いた

koyokan5ロフト窓2008
居間のロフト部分のサッシ(上)と上階の屋上テラスのサッシ(下)、同じ窓の内外

居間にロフトを設け風が低い位置から高い位置へ流れるように新たに窓を設けた
その窓は実は屋上テラスとつながる場所に配置した
人の出入りもできる窓です

風の循環と人の回遊ができる、ちょっと楽しくなるプランにしています

W(`0`)W


研究者の思いを知る

新型コロナウイルスについては研究者によっても意見が分かれていてわかりにくい

岡田晴恵の絵本2008
子どもにもわかる絵本を出版しているのは感染症専門家、岡田晴恵白鷗大学教授

情報番組では、やさしい口調ながら主張すべきところは毅然として述べられている
先週末「サワコの朝」に出演された際にその背景となる話が聞けた →MBS動画
感染症に詳しくなかったため子どもを亡くした母親に会って知ることの大切さを知る
またドイツ留学時代に出会った子ども向けの病気の絵本が絵本を出すきっかけとなる

一般の人にも感染症について知ってほしいとの思いがわかりやすい解説となっている

ヽ( ´_`)丿


暑い夏の終わりを告げるのか

昨夕京都市は、風が強くなってきたと思っていたら雷雨、大雨警報が発表された

雨上がりの夕焼け2008
ゲリラ豪雨が心配されたが1時間ほどで上がり空は雲で覆われた

雨が上がった後は気温が下がり、幾分過ごしやすい夜となった

今日は24節気の一つ処暑、暑さが峠を越えて秋へ向かうのだがまだまだ暑さ厳しそう

ヾ(´ε`;)ゝ


陽とともに行動する

昨日の京都市の気温は今年最高の38.8度となった

桃山城の朝日2008
ここ数日は暑さを避けるため早起きして朝日が昇ったころ伏見桃山城へ散歩している

熱帯夜明けに水筒をもって出て汗を流します
気温は低く風が吹くと体感的には清々しく感じるが昨日のように風がないと暑い
陽が昇るとともに行動し陽が沈むと布団に入る、ヒト本来の生き方らしく理想です
旅先だと実行できるが日常ではむつかしい

日々の生活を旅の1日のように特別な日と思って大切に過ごせばできるかもしれない

( ̄^ ̄)ゞ


カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント