fc2ブログ

京都の師走の風物詩

南座で年末恒例の吉例顔見世興行を前に歌舞伎役者の名前の看板を掲げるまねき上げが行われた

南座まねき看板2311
今年の顔見世興行は市川海老蔵改め十三代市川團十郎さんの襲名披露公演にもなっている

左下に団十郎さんの隣に、長男の新之助さん、長女のぼたんさんの看板も上がっている
まねき看板は歌舞伎独特の勘亭流の文字で揮毫される
今回、揮毫者は15年続けられた書家・川勝清歩さんから書家・川端清破さんに代替わりした

歌舞伎、書ともに世代交代しながら伝統文化、芸能を受け継いでいる
(´∀`*)
スポンサーサイト



みんなパンダが好き

先週22日公明党の山口代表が中国を訪れた際、仙台市へのパンダの貸与を要望した

神戸南京町パンダ自販機2311
中国の人気者と言えばパンダ、国のシンボル的存在である

上野動物園生まれのシャンシャンが2月に返還された際には別れを惜しむ人は多かった
米国も中国から借りているパンダの貸し出し期限を迎え国家間の関係悪化と返還が重なった
コロナ禍以降中国に頼る供給網の見直しが必要だがパンダだけは中国以外に頼ることができない
だれからも愛されるパンダが外交で友好に働けばいいが

穏やかで幸せそうな表情のパンダだが、担わされている役割は結構重いものがある
(⓿ェ⓿)ゞ

2023年 今年の漢字一字

今年も残り1月あまり、毎年恒例の日本漢字能力検定協会「今年の漢字」の募集が始まっている

2023今年の漢字募集2311 2023今年の漢字 偽2311
2023年の出来事を表す漢字一字に「偽」を応募した

りの人物を装ったりのサイトから誘導するなどの特殊詐欺の犯罪が増えた
華やかに見えた大手芸能事務所や老舗歌劇団は長年世間をっていたことが暴露した
戦争や政治では生成AIツールによる偽(フェイク)動画など情報の真が問題視された
内閣の政務三役の度重なる不祥事に人事がりの適材適所だったのではと不信感が持たれた

人間の思い込みとAIの発達により真実の見極めが難しくなり自らの検証が大切になる
(」* ̄^ ̄)」

建築家のイメージを形にする職人の技

近鉄百貨店上本町店で「建築家 村野藤吾と天王寺」パネル展示が催されている

村野藤吾展金物展示2311
建築の写真パネルの他、代表作の建築部材の試作品が図面や現場写真とともに展示されている

株式会社上野製作所は村野作品の庇、階段、手すり、把手、面格子などの装飾金具を製作した
千代田生命本社ビルのらせん階段の施工写真を見ると職人の手作業で階段がつくられている
手すりのフリーハンドの製作図は村野さんのイメージを上野製作所の技術者が図面化したもの
金属に籐を巻き付けた手すりや村野さんが引いた曲線を形にした試作品に職人技を感じる

建築家がこだわるデザインは優れた金属製作の職人さんの手によって形となる
(*´ω`)┛

京都に色がつく

昨日京都は気温は低くライトダウンを着て嵐山まで桂川沿いに自転車を走らせる

嵐山桂川もみじ2311
時折雨に降られながら人混みを避けて渡月橋辺りから川に沿って上る

今年は猛暑でモミジが枯れ気味だと聞いていたがそうでもない
ここ数日の冷え込みで緑、黄、黄緑、赤、橙といろんな色が混ざり合いいい感じに色づいている

京都は今どこもカラフル
o(^▽^)o

なにわの味を求めて人集まる

10月の訪日外国人客数は251万6500人、コロナ前2019年の同じ月の人数を初めて上回った

道頓堀2311
大阪ミナミ道頓堀辺りは通常の平日でもイベント会場みたいに混み合い賑わっている

京都でもいえるが、最近は欧米や東南アジアの人をよく見かけるが中国人は以前ほど多くない
福島第一原子力発電所の処理水放出を巡る問題や自国の経済減速の影響があるかもしれない
修学旅行らしき学生さんは、ようやくコロナの影響を受けずに来れるようになったみたい
ラーメン店、たこ焼き屋、お好み焼き屋の他、かに料理専門店のかにまんなどに行列が見られる

さすがは食い道楽の街、大阪!
v(o゚∀゚o)v

関西は一日お祝いムード

昨日関西の各ローカル局では朝から夕方まで阪神とオリックスの優勝パレードの特別番組だった

御堂筋通行止看板2311
前日交通規制の看板があがっていた大阪御堂筋には午前20万人、午後35万人が詰めかけた

大阪と神戸で同時開催され、御堂筋では午前はオリックス、午後は阪神のパレードが行われた
御堂筋のスタート地点には岡田彰布監督が通っていた愛日小学校があったと本人が話されていた
パレードの車の上の選手もお祝いの声援を送る観衆もみんないい笑顔なのをテレビ中継で見た
WBC優勝に始まって阪神日本一まで今年は最高のベースボールイヤーだった

見るものに元気や感動を与えるのがスポーツのすばらしさと改めて感じる
(^-^)/

庶民のワンダーランド

昨日仕事で大阪へ行くと最高気温が19.4度まで上がりジャケットを脱いでも暑かった

四天王寺お太子さん2311
仕事帰り、推古天皇元(593)年、聖徳太子によって建立された四天王寺に寄ると偶然縁日だった

22日は聖徳太子の月命日に当たり太子忌として毎月22日に縁日が催されている
21日は弘法さんの縁日があるので四天王寺さんでは2日続けてにぎわう
無料開放されている五重塔の最上階まで上り、絵堂で僧侶の説明とともに太子の伝記絵を見た
また講堂で太子摂政像(秘仏)が特別にご開帳されていたが暗くてその姿がよくわからなかった

お寺はさながら庶民の昔からのワンダーランド、天気がよくて遠足気分で境内を拝観した
(´ω`人)

建築を始めたころを思い出す

昨日京都の朝は今季最低の4.8度まで冷え込んだが日中出かけた現場ではぽかぽか陽気だった

火山のふもとで2311
建築設計事務所の日常が細かく描かれる小説「火山のふもとで」(2012) 松家仁之

主人公の若者が師事する建築家は流行に左右されず自然素材を使いディテールを大切にする
彼が1905年完成のマルティン・ニーロップ設計のコペンハーゲン市庁舎について語る
ガラス屋根を架けた明るい空間、装飾的ではなく座り心地を重視した椅子は伝統様式とは違った
それゆえ完成当時は建築界からは不評だったが時を経て今は街のシンボルとなっている

自分が出遭った建築家ともだぶり、建築を始めた若いころが懐かしく思い出される
ヽ(´∀`)ノ

梅田の年末の風物詩

大阪梅田の阪急百貨店うめだ本店前のコンコースのウィンドウでクリスマス展示が始まっている

阪急うめだ本店ショーウィンドウ2311
今年のテーマは「鏡の国のアリス」MEET the WONDER CHRISTMAS

昔絵本で見たと思う?キャラクターが動く人形となってコンコースを行く人を楽しませる
小さな子どもから大人、外国人観光客まで立ち止まって眺めて早くもクリスマスムード

もう1年が終わっていくのかと、せわしさともの悲しさが襲ってくる
(*’U`*)
カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント