fc2ブログ

2023年、地球の危機がさらに増した

5月に国内で新型コロナウイルスが5類に引き下げられ世の中が明るい方向へ向かうと思えた

インド・バーダーミ2312
ウクライナ戦争は出口が見えず10月ハマスから攻撃を受けたイスラエルはガザへ報復を始めた

国家体制や宗教、民族の違いから世界は対立し、何も生みださない威嚇と破壊が続いている
気温上昇はパリ協定の1.5度に迫り日本を含む各地でこれまでにない規模の自然災害が発生した
国内ではジャニーズ、宝塚、日大、保険大手、ダイハツと大組織の裏の顔、不祥事が暴かれた
信頼を失った大政党自民党の議員に民主主義の国家を任せられるのか国民は不安を覚える

地球が長く生き続けるよう世界各国各人がお互いを寛容と平等の精神で認め協力することを願う
(・Д・)ノ
スポンサーサイト



隣国の民主化の事件

海外旅行先の上位、韓国は今とは違い1987年に民主化されるまでは軍が政権を握っていた

少年が来る2312
1980年5月の光州事件に巻き込まれた少年の事実をもとに描く「少年が来る」ハン・ガン

軍事政権に対する民主化運動は戒厳軍に武力鎮圧され多くの活動家、市民が犠牲となった
銃や暴力によって殺され、拷問によって事件後心に癒えない傷を負う、残忍な描写に胸が痛い
体制に反抗する市民に銃を向ける様子にミャンマーや香港の民主化運動が思い浮かぶ
罪のない市民が巻き込まれる状況ではウクライナやガザでの紛争は変わらない

無辜な少年らの犠牲が今日の韓国社会をつくっているという歴史の一片を知る
( ̄^ ̄)ゞ

今年最後の満月の夜

昨日京都は最高気温13.7度と暖かく晴れ、現場へ行った後年末の挨拶にお施主さんを訪ねた

満月2312
現場へ行く電車の中では大きなキャリーケースを持ち込んでいる外国人旅行者を多く見かけた

仕事の帰り道、北寄り東の低い位置にオレンジ色に光る大きな満月が上っている
正確には前日27日が今年最後の満月コールドムーンだった
仕事納めの締めくくりにはなかなかよし

満月が願いを叶えてくれるなら、世界の紛争が消えますように
(´pωq`)

移動販売車がやってきた

枚方市・光善寺の門前で午前中おばあちゃんらが集まってきて、今日は来るの?と話している

光善寺前の移動販売車2312
循環バスでも待っているのかなと思っていると、コープの移動販売車が2台やってきた

野菜、果物、パン、お菓子、飲み物、冷凍品、ちょっとしたお惣菜などが棚に並べられている
最寄りの駅から遠くはないがお年寄りが歩ける場所にあり自分で選んで買えるのがいい
買い物に便利なのもあるが、お知り合いと顔を合わせてお互い元気な姿を確認できるのもいい

小さくはあるが、移動販売車がコミュニティの場を形成していている
(^-^)/

年賀状の文化がなくなりつつある

最近は年賀状終いするお知らせをいただくこともちょいちょいあり、こちらから送る数も減った

2024年賀はがき2312
印刷に使っていたプリントゴッコが数年前に生産終了になってからは簡単なプリンターに変えた

18日、総務省は郵便料金値上げの案を情報通信行政・郵政行政審議会に諮問した
それによると来年秋以降、封書は84円から110円に、はがきは63円から85円になる見込み
思い起こすと小学生の頃は10円(1972-76)で年賀状が送れていた
メールやSNSが普及し原燃料費や人件費の上昇で仕方ないかと思う一方お気軽感はなくなる

料金アップにますます郵便離れになり、デジタル化が年賀状というモノの文化を廃れさせるのか
(○´・Д・`)ノ

断熱窓へリフォーム

昨日は最高気温が数日ぶりに10度を超え、このところ寒かったのもあって暖かく感じた

谷本奈津子邸インプラス2312
枚方T邸リフォームでは既存サッシの内側にガス入り複層ガラスの樹脂製サッシを付け終えた

省エネ効果の高い断熱窓にリフォーム工事をする際に交付される国の補助金制度を使っている
2023年12月31日までに工事が完了するのが条件でサッシを先行して取り付けた
断熱材は壁はまだ入っていないが床には既に入り部屋を閉め切ると外気がシャットアウトされる

断熱性能がよくなり、お施主さんがこれまで不満に思われていた寒さは解消するはず
(o‘∀‘o)*:◦♪

ドキュメンタリー映像で中東の実情を知る

ヨルダン川西岸地区で1日2人のパレスチナ人の子どもがイスラエル軍に逮捕されているという

トゥー・キッズ・ア・デイ2312
教育関連の優れた映像作品へ贈る日本賞グランプリに「トゥー・キッズ・ア・デイ」が選ばれた

拘留されたパレスチナ少年、イスラエル軍の元兵士や元検察部門責任者のインタビューから成る
政治的意味を深く考えず投石する少年、少年への暴力に否定的な一部の元イスラエル軍兵士など
監督はイスラエル人、プロデューサーはパレスチナ人、双方が現状を伝える必要性を感じている
制作は10月のイスラエル攻撃以前で、現在はエスカレートして最悪の状況になってしまった

恐怖の状況での子どもたちが幸せに生きるには個人としてが何ができるのか考える
(´・_・`)

通訳の話から言語の本質まで語る

日本の政治家は語彙力、表現力のなさゆえに要点が見えないことが多い・・・意図的な時も多いが

不実な美女か貞淑な醜女か2312
ロシア語通訳者・米原万里さんのエッセイ「不実な美女か貞淑な醜女か」(1994)

タイトルは、原文・原発言からの訳の正確さ、整い具合や響きのよさを女性の容貌に例えたもの
同じ訳でも翻訳と違って時間との闘いの消えものの通訳の裏話、失敗談、苦労話しが面白い
通訳とは文脈~発言者の国、文化、歴史の理解が必要で、日常のコミュニケーションにも言える
通訳の話から言語の話、方言の魅力、母国語の大切さ、また学校教育へと話は及ぶ

日本のような〇×式でなく口頭や小論文などプレゼン力を要求する欧米の教育が言語力を鍛える
(○´・Д・`)ノ

古くから続くゆえんの行事

昨日は二十四節気の冬至、京都は最低気温-1.0度、最高気温6.1度、暗くなるのが早く寒かった

東本願寺御影堂2312
東本願寺は12月20日に行われる年の瀬恒例の「お煤(おすす)払い」で1年の埃が落とされた

門徒や職員、近所の人が横一列で一斉に竹の棒で畳を叩き舞い上がる埃を巨大団扇で外に出す
本願寺中興の祖・蓮如の時代から500年以上続いている伝統行事で1年無事過ごせた感謝を表す
今回は地元中高生も参加したらしいが地域でつながりができる意味でもよく考えられている
冬至にはかぼちゃだが、カリウム、β∸カロテン、ビタミンなどが含まれ冬の免疫アップにいい

昔の人がやることは迷信じみたものもあるが多くは理にかなっている
ヾ(o´∀`o)ノ

京都年末の弘法さん

昨日の京都は最高気温は6.7度と低く、その上風が強く真冬並みに寒かった!

東寺終い弘法花高野槙2312
弘法大師ゆかりの東寺で毎月21日に開かれる縁日・弘法市に多くの参拝者が詰めかけた

1年を締めくくる12月の弘法市は「終い弘法」と呼ばれ、正月用品の露店が多く並ぶ
しめ縄や来年の干支の置物、高野槙や正月花など、昼過ぎには切り餅はすでに売り切れている
寒い中、おでん、どて焼き、わかさぎの天ぷら、甘酒など温かい物を求めて人が集まっている
外国人観光客が日本の縁日を楽しんでいる様子を多く見かけた

インバウンド客も戻ってきて、コロナ禍前の本来のにぎやかな年末の風景が戻ってきた
o(^▽^)o
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント