fc2ブログ

1年の4分の1が終わる

昨日大陸からの黄砂の飛来のせいか空が霞み太陽もぼんやり照っている

桃山城と桜2403
外に出ると暖かく最高気温は23.4度、近所でもようやく桜がちらほら咲いてきた

3月も今日でお終い、1年の4分の1が過ぎ新年度がスタートする

時間が経つのが早すぎてあせる
(;゚д゚)
スポンサーサイト



実際目で見て判断すること

昨日京都は朝降っていた雨は午後には上がり最高気温は22.7度、4月並みの暖かさとなった

平野神社の桜2403
京都地方気象台は去年より12日、平年より3日遅く、近畿地方トップで桜が開花したと発表した

気象台の担当者が二条城の敷地内にある標本木のソメイヨシノの開花状況を見て判断する
天気に関して全国の気象台で職員による目視観測は26日東京と大阪を残して終了した
明治時代から約3時間ごとに観測してきた目視観測は機械による自動判別に切り替わる
それにより、快晴、薄雲、ひょう、あられ、虹など機械では難しい現象の観測項目はなくなる

気象の分野でも機械技術の進歩により人だからこそできる職人技がなくなっていく
(*´_ゝ`)

屋外が気持ちいい季節

昨日京都は夕方からまた天気が崩れ雨が降り出した

伏見酒蔵写生2403
伏見の川の土手にはセイヨウカラシナの黄色の花が咲き腰掛けて酒蔵を写生する人たちがいる

年齢から察すると社会人の文化教室っぽい
小学生の頃、お弁当を持って遠足がてらに学校近くのお城を描きに行った写生大会を思い出す
他の友だちと同様、体育と図画工作が好きだった

太陽の下、屋外でのんびり過ごすのにいい季節になってきた
((∩^Д^∩))

京都では桜が咲き始める

昨日久しぶりにいい天気になったので街なかまで自転車を走らせた

京都御苑の桜2403
気温も上がり、京都御苑の枝垂れ桜は満開、国内外からの観光客が桜の周りに集まる

着物を着た外国人女性は桜をバックにベストポジションで写真を撮るため列をなしている
一方、帰りに通った鴨川沿いの桜はまだまだ咲いていない

これから京都のいろんな名所の桜が時間差で咲いていって順々に楽しめる
o(^▽^)o

誰のための活動なのか考える

日本の政治家は政治活動に使う名目で報告義務すらないお金を国民の税金から受け取っている

マザーテレサあふれる愛2403
名誉や勲章のためでなく常に弱者に寄り添う「マザー・テレサ あふれる愛」(1984) 沖守弘

マザーはインド政府から医療、社会事業のための国庫助成金を受け取らなかった
助成金の使い道の報告書を作成する人や時間を他の仕事に回した方がいいという考えだった
「不親切で冷淡でありながら奇跡を行うよりは親切と慈しみのうちに間違うほうを選びたい」
そう語るマザーは考えをすぐ実行に移し行動的で貧しい人のために活動をされてきた

物質的豊かさより心の豊かさを第一とした姿に少しでも学べればと考える
(・Д・)ノ

春の長雨、菜種梅雨

今朝は早朝から雷と雨、先週末からぐずついた天気の日が続く

山科川と煙る西山2403
最近昼の時間が長くなってきてお彼岸が過ぎて寒さが和らいできた

うっとうしい天気に気分転換に部屋の中を拭き掃除する
今年は長くお世話になったこたつをしまう準備をする

明日は久しぶりにお天気の予報、洗濯をして春本番に備えるか
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

引くことなく堂々と前へ出る

最近あまり見ていなかった大相撲を今回久しぶりに14日目と千秋楽は見た

尊富山豪ノ山戦2403
千秋楽まだ大イチョウも結えない新入幕の24歳の尊富士が豪ノ山に勝ち13勝2敗で初優勝した

新入幕力士が優勝するのは大正3年の元関脇・両國以来110年ぶり
殊勲賞、敢闘賞、技能賞の三賞もすべて受賞した
前日右足首を痛めたが後悔しないようにと痛いのをがまんして出場した
体を変えたり引いたり無理をしない試合をすると思ったが積極的に前に出る取り組みをした

場所前にいろいろ騒動があった相撲界だが堂々とした若者の試合に希望が感じられる
o(^▽^)o

仏教を身近に感じる

比較的宗教心が薄い日本人もお彼岸には墓参りをしご先祖さまや仏様に強い思いは抱いている

笑い飯哲夫のサタデーナイト仏教2403
仏教通の哲夫さんの番組「仏教伝道協会 presents 笑い飯 哲夫のサタデー★ナイト仏教」

毎回、宗教関係者やタレントさんをゲストに迎え仏教について語るラジオ番組
3月のゲストは仏像マニアのみうらじゅんさん
肩ひじ張らない仏教感が時に笑えて時に核心をついると思うこともある
お坊さんや牧師さんの話もなるほどと思うが、みうらさんのゆるい話に仏教を身近に感じれる

イライラすることや腹が立つことがあっても考え方次第で日々の生き方が少し楽になる
(^-^)/

寒さやわらぐ

きのう京都は前日の真冬の寒さからやわらぎいい天気だった

鴨川四条辺り2403
街なかを回って鴨川を下ってくると河川敷で陽気を楽しむ観光客は多い

週末から来週にかけてしばらく天気が崩れるようなので貴重なお天気の日となった

お彼岸が終わり、そろそろ寒さも終わりかな
(*´∀`人 ♪

障子の断熱効果

お彼岸中の昨日、京都は真冬並みの寒さであり関東では震度5弱の地震があった

永田耕平・有香理邸障子張り替え2403
枚方市N邸増築工事では既存部の破れていた障子の張替えも行った

工務店の建具屋さんが一度外して持ち帰り張り直されて元の位置に戻された
Nさんから、障子がないとき窓際で横になっていると寒かった、と聞いた
サッシは一応ペアガラスなのだが、障子があるのとないのとではずいぶん違うとのこと
カーテンではなく障子を設計に盛り込むことが多いが空気層ができるので当然断熱性能は上がる

障子がもつ美しさの中に機能性をもつ日本建築の知恵を実感する
( ̄^ ̄)ゞ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント