FC2ブログ

橋を下から見る

大阪・天神橋の下、土砂を積んだ船が行き交います

天神橋1402
天神祭りの際、船渡御はこの近くから出発します

はじめは天満の天神さんが管理していたため天神橋と名づけられたらしい
明治18年の淀川大洪水で流出するまで幾度と架け替えられた橋はすべて木橋です
現在の天神橋(1934(昭和9)年,橋長211m)は、鉄骨アーチ型です
橋の下から見るとリベット打ちされている鉄鋼部材が力強く支えているのが分かります

橋も川のレベルから見てみるといつもと違った風景に見え、構造の美を窺うことができます


スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog.fc2.com/tb.php/1144-cd78b5bf

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント