FC2ブログ

残されたものへの語り

戦後の広島を舞台に書かれていますが大災害の後の状況も似ています

父と暮せば1810
心に染み入る戯曲 「父と暮せば」井上ひさし(1934-2010) 中国語対訳版

井上はヒロシマとナガサキとを書くことが何より大切と考えていました
広島の原爆に一命をとりとめ残されたものの苦悩を描きます
亡くなった人を助けられなかった後悔、自分だけが助かったことの罪悪感
主人公の苦悩は阪神、東北の大地震など被災された人にも重なります

残された者へのやさしい語りです (*’U`*)


スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog.fc2.com/tb.php/2795-9c0ea488

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント