FC2ブログ

インドの建築家の作品に見る風土

インドに行ってきた建築家仲間の報告会に行ってきました

ル・コルビュジエのインド1906
ル・コルビュジエの建築作品、町の風景など実際に行った人の話を聞くのは面白い

手技の跡が残るコンクリートの建物はざっくりした昭和な感じがしていてそこがいい
気温42度のインドでは日陰の空間が涼しく現地の人が石の床で昼寝をしています
人であふれた街は忙しそうにも見える反面、時間がゆっくり流れているようです
都市のスケール、気候、風土、国民性、宗教観など日本人にない魅力を感じます

老後の心配をしている日本人とは明らかに違った価値観をもっています

∠( ^ o ^ ┐)┐


スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog.fc2.com/tb.php/3024-96022888

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント