FC2ブログ

あと何度、はないかもしれないと考える

昨日の京都は黄砂で少し曇ったこともあったが22.9度まで上がりぽかぽか陽気だった

高野川の桜2103
高野川沿いの桜は満開、多くの近所の人が楽しんでいた

あと何度見れるのだろうと友人にLINEしたら大きな病気かと心配する電話があった
また、竹内まりやの「人生の扉」に同様の歌詞があったことを思い出したと
誰しも50を過ぎると早く過ぎ去る1日1日の重みを感じるようです
あと何度とは未来がある前提の話で人間何時尽きるか分からないのは災害で学んだ

さすれば、目の前の一瞬一瞬が大切であることを知る

(*´~`*)


関連記事
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog.fc2.com/tb.php/3682-15e580d4

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント