fc2ブログ

建築を始めたころを思い出す

昨日京都の朝は今季最低の4.8度まで冷え込んだが日中出かけた現場ではぽかぽか陽気だった

火山のふもとで2311
建築設計事務所の日常が細かく描かれる小説「火山のふもとで」(2012) 松家仁之

主人公の若者が師事する建築家は流行に左右されず自然素材を使いディテールを大切にする
彼が1905年完成のマルティン・ニーロップ設計のコペンハーゲン市庁舎について語る
ガラス屋根を架けた明るい空間、装飾的ではなく座り心地を重視した椅子は伝統様式とは違った
それゆえ完成当時は建築界からは不評だったが時を経て今は街のシンボルとなっている

自分が出遭った建築家ともだぶり、建築を始めた若いころが懐かしく思い出される
ヽ(´∀`)ノ
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント