fc2ブログ

通訳の話から言語の本質まで語る

日本の政治家は語彙力、表現力のなさゆえに要点が見えないことが多い・・・意図的な時も多いが

不実な美女か貞淑な醜女か2312
ロシア語通訳者・米原万里さんのエッセイ「不実な美女か貞淑な醜女か」(1994)

タイトルは、原文・原発言からの訳の正確さ、整い具合や響きのよさを女性の容貌に例えたもの
同じ訳でも翻訳と違って時間との闘いの消えものの通訳の裏話、失敗談、苦労話しが面白い
通訳とは文脈~発言者の国、文化、歴史の理解が必要で、日常のコミュニケーションにも言える
通訳の話から言語の話、方言の魅力、母国語の大切さ、また学校教育へと話は及ぶ

日本のような〇×式でなく口頭や小論文などプレゼン力を要求する欧米の教育が言語力を鍛える
(○´・Д・`)ノ
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント