FC2ブログ

リフォームでの傾いた柱

数十年経った住宅のリフォーム工事では、年月とともに柱が傾くことも少なくないです

F-間柱01
傾いた既存の柱に沿って、間柱(壁を固定する柱)を新たに設けます

連棟の場合、隣の家が続いているため、柱の建て起しはできません
許容の範囲であれば、既存の柱はそのままにして、壁で調整します
既存柱に新しく柱(間柱)を垂直に立てることで、新たな壁を垂直に設けます
構造用の合板は柱に打ち付け固定するため、構造壁として働きます

解体後は、既存の柱、梁の垂直、水平をきちっと調べることが大切です


ここをポチッと応援 お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog.fc2.com/tb.php/679-a71f9140

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント