FC2ブログ

ベジタリアン料理がおいしい

ベジタリアンが多いインドでは野菜を使ったカレーの種類が豊富です

ホウレン草カレー1912
緑色のカレーは、パニール(チーズ)を乗っけたホウレンソウのカレーです

レンズ豆、ひよこ豆、カリフラワー、オクラ、チーズ、カシューナッツなど
どれもおいしく、飽きが来ません
スパイスの効果か、インドにいる間は、お腹を壊すこともありませんでした
またアルコールを出す店も少ないため、旅の間は禁酒をしていました

日本に帰って、暴飲暴食でお腹を壊してちょっと寝込んでしまいましたが・・・

。゚(゚´Д`゚)゚。


地下に見る美しい構造物

雨季と乾季がはっきり分かれているインドでは貯水のための施設が多く造られました

チャンド・バーオリー1912 チャンド・バーオリー階段部1912
アーバネリー村にある8、9世紀に造られた階段井戸、チャンド・バーオリー

構造的に理にかなったすり鉢状の構築物は、今なお当時のままの姿をとどめています
一辺35ⅿの四角形に深さは20ⅿ、三方に設けられた階段の幾何学的模様が美しい
残る一方に水辺で涼むための宮殿が設けられています

水がなくてはならないものであって大切にされ、また楽しんでいたかがわかります

(* ´ ▽ ` *)


民族衣装と町の風景は合うものです

京都・祇園では芸舞妓の追っかけや過度な撮影行為が問題になっています

アジメール1912
インドでは写真を撮ると、どうしてもサリーを着た女性の姿が写り込んでしまいます

インドの女性は子どもを除けば、そのほとんどは色鮮やかなサリーをまとっています
原色の美しい衣装をまとうのは当たり前で、インドの建物や町、風景に合っています
インドの民族衣装がサリーなら、日本は着物でしょうが着物を着る日本人はいません
そのため、京町家をゆく芸舞妓の着物姿を見たい外国人観光客の気持ちもわかります

昔の町の風景が消えるとともに、もはや着物は合わないことへの淋しさを感じます

(*´~`*)


視線を感じると、ナマステ~とあいさつする

旅では、じっと見られていると思うと、そちらにナマステ~と笑顔で応えていました

オルチャ・ラジャマハール記念写真1912 オルチャ・ラジャマハール記念写真全体1912
インド・オルチャの宮殿で記念写真/子どもはもちろん大人も皆フレンドリーです

挨拶すると大抵は相手は表情を崩して、ナマステ、どこの国か?名前は?となります
ただ外国人が珍しくて興味本位で観察していたことがわかります
その後は、写真を撮ってくれ、一緒にセルフィ―しようと、写真を撮ります
店やオートリクシャの客引きにはうんざりしますが、町の人は親切で人がいいです

次、会うことはないだろう一期一会の楽しい思い出が国の印象をよくしてくれます

ヽ(´∀`)ノ

インドの旅の写真をアップしました → こちら よりどうぞ


中谷さん、インド、好きになりました?

インドは、はまる人と二度と行きたくない人とに分かれるとよく聞きます

インド旅行記1北インド編1911
「インド旅行記1 北インド編」中谷美紀 ヨガの体験に出かけ、旅の洗礼を受けます

演技のうまい子どもからの物乞い、土産物屋に連れていかれての押し売り・値段交渉
お腹を壊し、予約した飛行機の席がないと言われ、挙句にパスポートの盗難までも・・・
もはや日本の常識は通用しないことは分かっているインドあるあるです
いい出会いもあり、果たして中谷さんは、インドにはまったのか嫌いになったのか?

誰しも影響を受けるインド人の価値観、生き方、哲学に自ら旅したくなります

((o("へ")o))


愛着あるものを大切に使いたい

長年旅用に使っていた愛用のリュックが何カ所かほつれてきました

カリマーバッグのほつれ1909
モノを押し込みすぎたせいか、バッグの脇部分が縫い目から切れてきていた

バッグの容量はそう多くないですが、ナイロン製で軽くて防水性もあります
これ以上は荷物を多くしないようにと、あまり大きくないのがいいのです
何軒かアウトドアやさんに修理の相談に行きましたが納得いく答えは得られません
修理に詳しくなかったり最近のは使い捨て前提と言われます

もうそろそろ替え時かと思いながらも思い入れもあるバッグなので使いたいのだが・・・

「(´へ`;


島に1台の信号機

沖縄・伊是名島を朝散歩していると幼稚園・小学校の前に信号機を見つけました

伊是名島小学校前信号機1904
この日、9日は小学校の入学式の日です

島を回っているときは見なかった信号機がこの場所に1ヵ所だけあります
宿の女将さんに訊くと各島に1台はあるとのことです
子どもたちが島の外に出たときに困らないようにするためです
午後からは交通安全指導が行われるらしい

ただ、信号機がいらない環境はいいものです

(* ´ ▽ ` *)


カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之建築設計事務所
のホームページ
 へ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント